「エクセレンス」の伝統

「エクセレンス」の伝統

1860年、ソンヴィリエという小さな村で全てがはじまりました。若き才能に溢れる時計職人、ルイ‐ユリス・ ショパールが、この地に工房を設立し たのでした。彼の製造する高い信頼性と精度を誇る時計の評判は、またたくまに東ヨーロッパ、ロシア、スカンジナビアの愛好家や時計販売業者たちの間に広がりました。

1921年、創立者の息子 ポール‐ルイ・ショパールが、ラ・ショー・ド・フォンに支店を開設し、その後この地に本社を移転しました。1937年、世界中の顧客とより密接な関係を築くため、活動の拠点を「オート・オルロジュリー(高級時計製造)の首都」、ジュネーブに移しました。1943年、ルイ‐ユリスの孫にあたるポール‐アンドレ・ショパールが事業を引き継ぎます。

1963年、ポール-アンドレは、自分の息子たちが会社を継ぐ意思のないことを知り、ショパールの培ってきた豊かな遺産を蘇らせ、継承していくことのできる買い手を探し求めました。 この時彼が出会ったのが、ドイツのフォルツハイムで時計と宝飾品を代々製造していたカール・ショイフレでした。ポール-アンドレとの話し合いはすぐに合意に達し、程なくしてカール・ショイフレは会社を買収する決心をしました。

その後、ショイフレ家の人々の懸命なる努力を背景に、ショパールはめざましい発展を遂げます。創造性と最先端技術、さらに「エクセレンス(最高のもの)」を追求するクラフトマンシップにおいて名声を得たショパールは、最高級時計とジュエリーのトップブランドとしての地位を獲得しました。ショパールは完全に独立した企業として、家族的な伝統を代々受け継ぎ、発展を続けています。カール・ショイフレおよびその夫人カリンが40年間に渡ってブランドの海外発展に尽力し、その活動は現在も衰えることはありません。現在、ショパールは、彼らの二人の子供たちが共同社長を務めています。妹のキャロライン・ショイフレがレディース コレクションとジュエリーを担当し、兄のカール‐フレドリッヒ・ショイフレがメンズ コレクションとL.U.Cムーブメントの製造拠点であるフルーリエのショパール・マニュファクチュールを指揮しています。