エクセレンスとノウハウ

ショパールは1860年以降、大胆さと生きる喜びを追及してきました。創造性と革新の源であるこの2つの要素は、企業経営の中にも、そしてメゾンの作品のなかにもはっきりと表現されています。レッドカーペットでのイブニングパーティーや愛し合う恋人たちのディナーなど、その作品はさまざまなシーンで、幸せと喜びを情熱的に称えます。そしてまた、ショパールはその名誉にかけてメゾンの企業活動におけるあらゆる分野で最高を目指すことをお約束します。メゾンはデザインから製造まで、時計とジュエリーの制作に携わる30以上の職種によって支えられた、唯一無二の専門性を誇ります。ショパールのジュエリーづくりは真の芸術的挑戦そのものであり、そのジュエリーひとつひとつには、職人の才能が生み出す特別な物語があります。ショパールの職人たちはメゾンの生きる魂であり、類稀な作品の制作を通じてひとりひとりがメゾンに貢献しています。ショパールではアトリエにて定期的に研修を行い、職人の能力を日々高め、豊かなものとしています。このように受け継がれてきた技術は未来の世代への遺産となり、そしてまたその次の世代へとメゾンの伝統と歴史を尊重したものづくりが伝えられていくのです。

  • エクセレンスとノウハウ
5C

C: ショパール | C: カラット | C: クラリティ | C: カラー | C: カット |

 

ショパール

ショパールでは、ダイヤモンドの蛍光の度合いについて「none(なし)」から「faint(弱い)」のみを使用しています。最も美しく最も品質の高いレベルのダイヤモンドのみを個別にひとつひとつ選別。ダイヤモンドは専門家が10倍の拡大ルーペで確認し、11の公式グレードに分類されますが、ショパールではそのなかでも最も透明度の高いダイヤモンドを使用しています。

カラット

カラットとは、プレシャスストーンの重量の単位のことで、ダイヤモンドの1カラットは0.20gに相当します。古代では、イナゴマメ(caroubier)の粒を使ってダイヤモンドの重さを計っており、そのことから現在でもカラットという言葉が使用されるようになりました。ショパールのソリテールリングは、0.20ctよりご用意がございます。ダイヤモンドの評価はカラットに加え、他のCの要素との組み合わせにより決定されます。

 carat

クラリティ

何百万年も前に極限の高温と高圧下で生成されたダイヤモンドは、まさに自然の作品です。ダイヤモンドには結晶化する過程で内部にインクルージョン(内包物)が生まれます。ダイアモンドの透明度は、この内包物の数や大きさ、性質の影響を受けます。ダイヤモンドは10倍の拡大ルーペでの確認により、11の公式グレードに分類されます。ショパールでは、「IF(Internally Flawless)」から「VS(Very Small Inclusions)」までの、肉眼ではインクルージョンが認められない透明度の高いダイヤモンドを使用しています。

 

 

 

 

 カラー

ダイヤモンドは、その色の白さも評価の基準となります。なかでももっとも稀少とされているのは、完璧な化学構造を持つ、完全なる無色透明のダイヤモンドです。ホワイトダイヤモンドの色は、完全な無色の"D"から黄色を帯びた"Z"まで、専門家が使用する国際基準によって分類されます。ショパールでは、DからG(極めて白い)グレードの最上のカラーを持つダイヤモンドを選別しています。

カット

ダイヤモンドは、光をとらえ、反射させて光を創出し、独特の輝きを放ちます。ダイヤモンドにカットを施すことで、その輝きやきらめきを最大限引き出すことができます。「4C」のなかでも、カットは品質を左右する重要な要素のひとつであり、また人の技量によって左右される唯一の要素です。カットには高度な技術を持った職人の経験が必要とされ、理想的なプロポーションにカットを施すことにより、ダイヤモンドが持つすべての美しさを引き出します。

  • 5C
鑑定書

ショパールは、米国宝石学会(GIA)とダイヤモンド・ハイ・カウンセル(HRD)という2つの独立した機関にダイヤモンドの鑑定を依頼しています。ダイヤモンドの真正性を確認し、あらゆる特性を中立な立場から算定する複数の宝石鑑定士による評価を受け、ナンバー入りの鑑定書が発行されます。さらに、ショパールの各ジュエリーには原産地証明が添付されます。これは、その商品がショパールオリジナルの製品であることを証明するものです。

  • 鑑定書
企業倫理

ショパールは、メゾンの顧客とその活動に携わるすべての人を尊重した企業活動を展開しています。こうした企業活動の一環として、ショパールは2010年に「責任ある宝飾のための協議会(Responsible Jewellery Council:RJC)」に加盟しました。非営利団体であるこの協議会は、人権、企業倫理、社会貢献、そして環境保護の各側面において、宝飾品の供給と製造のサプライチェーンにかかわるすべての団体や人物に責任ある活動を推進することを目的としています

  • 企業倫理