MILLE MIGLIA ZAGATO

分かち合う情熱

 

カール-フレドリッヒ・ショイフレ(ショパール共同社長)と、アンドレア・ザガート(ザガート3代目社長)との出会いは、名高いミッレ ミリアレースでのことでした。ショパールは、ミッレ ミリアレースのオフィシャルタイムキーパーであり、ショパール グループは、25年前からこのレースに参戦しています。このコラボレーションから、レーシングカーに対する共通の情熱および、ミッレ ミリアが伝える価値観を高める腕時計というアイディアが生まれました。

  •  ザガート(Zagato)の《Z》は、ザガートのラジエーターグリルを連想させる、細いテクニカルグレーのラインでダイヤル上に再現されています。
  • ザガートのボディにインスパイアされた鋭く角張ったカーブが、時計のミドルケースにスポーティーな装いを与えています。
  • Mille Miglia Zagatoのストラップは、鮮やかなレッドのステッチが施され、中央の溝が深く掘られた立体的な構造により、まさにザガートのシートを彷彿とさせています。
/ -
Mille Miglia Zagatoを彩るディテール

Mille Miglia Zagatoには、ザガート独自の個性が宿されています。このモデルは、2つのブランド、正確にはカーデザイナーとプラットホーム(シャーシー)が採用されたレーシングカーブランドとのダイアログから誕生しました。

Mille Miglia Zagato 18KローズゴールドとDLCブラック処理ステンレススティール 詳細
ショパールとザガートのパートナーシップから誕生したMille Miglia Zagato

 

ザガート&ショパールの刻印

が刻まれたクロノグラフ

 

独創的かつマッシブ、そしてテクニカルなMille Miglia Zagatoは、ショパールとカーデザインを手掛けるイタリアの伝説的カロッツェリア「ザガート」のコラボレーションにより誕生しました。ショパールは、エンジンおよびシャーシー部分の製造を請け負い、ザガートは、ボディ、運転席、シートの製造を手掛けます。部分的なコラボレーションを越えたこの限定シリーズは、ザガートのグランツーリズモと、ショパールの時計に関する厳密なエスプリを宿しています。

  • ここでは、時計職人がクロノグラフの針を取り付けています。
  • BMW Z4 クーペのボディを構成するパーツの乾燥。
  • 繊細かつ重要な工程である、ケース組立て時の鮮やかなレッドベゼルの取り付け。わずかな繊毛や埃がムーブメントの精度に影響を及ぼします。
  • Mille Miglia Zagatoの運転席のシートと時計のストラップの製造工程には、類似点が見られます。
  • 貴重なパーツを収納したケースには、防水性を確保するパッキンを使用しています。
  • 仕上げのアクセントとして、名高いザガートのロゴがボディに施されています。
/ -
ショパールとアトリエとザガートの工場の内部

Mille Miglia Zagatoは、2つのブランド、正確にはカーデザイナーとプラットホーム(シャーシー)が採用されたレーシングカーブランドとのダイアローグから誕生し ました。エンジン(ムーブメント)とシャーシー(ケース)はショパールが担当するのに対し、ザガートはボディの細部(デザインと仕上げ装飾)とシート(ス トラップ)を請け負います。

Mille Miglia Zagatoの詳細