独立の信念

私たちの信念

ショパールは今日まで完全に独立した家族経営に徹してきました。ショパールのような会社を経営し、発展させていくためには、確実かつ徹底的にその方針を守っていかなくてはなりません。長年に渡り高い評価を獲得し続けることができたのも、すべてにこのファミリースピリットが深く根付いていたからです。彼らがショパールの「バックボーン」を形成してきたのです。常識的な考え方と忠誠心によって確立された価値観をもち、ショパールは1860年以来、おだやかかつ着実に進化を遂げてきました。

独立の信念

過去の歴史とその実用的な哲学に基づいた「独立」の精神は、ショパールにとって最も重要な価値観です。ショパールの垂直統合型の高度な製造体制がそれを表しています。

品質&エクセレンス

ショパールは、ウォッチとジュエリー製造の両分野で、45種類以上の高度な専門技術と経験を備えた職人を自社に抱えています。

創造性

創造性の革新は、あらゆる段階において成し遂げられてきました。エクセレンスの追求は、研究開発から洗練されたデザイン、現代的な製造手段、さらには顧客サービスや世界的なPR活動に至るまで、さまざまな分野で示されています。

伝統

会社の心臓である社員に対して、ショパールは職人技術の向上に重点を置いています。工房では、その製造プロセスは日々改良されています。高い品質を保証するため、様々な技術が磨かれ、最新のものになり、継承されています。

敬意

顧客、仕入先そして社員と長年にわたって築きあげられた関係に、ショパールの「敬意」という価値観をみることができるでしょう。この価値観はまたショパールの伝統と歴史の中にも認められます。さらに、ホセ・カレーラス国際白血病財団、エルトン・ジョン卿のエイズ財団、そしてチャールズ皇太子によるプリンス財団といった社会慈善活動や、会社としての社会的責任、環境問題に対する敬意などにも表現されています。

大胆さ

成功を収めるには、会社の成長を促す決断と、計量化されたリスクを許容する能力との絶妙なバランスが求められます。ショパールのそれぞれのモデル、バリエーション、あるいは特別な商品は、すべて独自のストーリーをもっています。