1860

ルイ‐ユリス・ショパールがソンヴィリエ(スイス・ジュラ地方)に高精度の時計製造工房を創設。

1937

ジュネーブに移転後、高級時計の製造を開始する。

  • 1937
1963

カール・ショイフレが、ショパールを引き継ぐ。彼は、ウォッチ(ブランド名Eszeha:エスツェハ)とジュエリーを専門とする1904年設立のドイツ企業、カール・ショイフレ社を所有していた。
2つの時計製造会社の製品は、ショパール社の名のもとに引き継がれる。

  • 1963
1974

ジュネーブ中心地にある工場を、ジュネーブ郊外のメイランに移転。
新分野を開拓し、レディース及びジュエリー ウォッチを開発。

  • 1974
1976

「ハッピー ダイヤモンド」ウォッチの誕生:透明なサファイアクリスタルの間にフリーセットされたムービングダイヤモンドがムーブメントの周りを自由に動き回るウォッチ。

  • 1976
1980

レザーストラップを使用した最初のスポーツ ウォッチ、「サン・モリッツ」の発売。

ウォッチのみならず、「ハッピー ダイヤモンド」コンセプトを新たにジュエリーでも展開し、大成功を収める。

  • 1980
1983

アジア初のショパール・ブティックが香港にオープン。

  • 1983
1986

欧州初のショパール・ブティックがジュネーブにオープン。

  • 1986
1988

毎年イタリアで開催される有名なミッレ ミリア・ ビンテージ&クラシックカー・ラリーとのパートナーシップが実現。
時計づくりの卓越した技術と精密なメカニズムを組み合わせた 「ミッレ ミリア」コレクションを製作。

  • 1988
1993

「ハッピースポーツ」コレクションを発表。

  • 1993
1996

スイス・ジュラ地方に「ショパール・マニュファクチュール」を設立することによって時計製造の原点に回帰。このショパール・マニュファクチュールで、「L.U.C」ムーブメントの製造がはじまる。

  • 1996
1997

キャリバーL.U.C 96.01 (L.U.C 1.96) を搭載した最初の時計である「L.U.C 1860」が、スイスの雑誌「モントル・パッション」の「ウォッチ・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

  • 1997
1998

ショパールがカンヌ国際映画祭のオフィシャルパートナーとなる。きっかけは、キャロライン・ショイフレが映画祭の審査委員長から最高賞の「パルムドール」のトロフィーをデザインし直してくれないかとの依頼を受けたことだった。以来、ショパールは、この世界有数の華麗な映画の祭典において、なくてはならない存在となっている。

  • 1998
2000

2000

4つの香箱(2組の積載式二重香箱)をおさめるキャリバー、L.U.C 98.01 (L.U.C 1.98)が搭載され、約9日間におよぶパワーリザーブを実現したタイムピース L.U.C Quattro をワールドプレミアで発表。

  • 2000
2001

「L.U.Cトノー」 モデルの発表。オフセンター型のマイクロローターを備えた世界初のトノー型自動巻きムーブメントを搭載。

  • 2001
2002

ハイジュエリー分野での画期的な開発:「ゴールデン ダイヤモンド」コンセプト。

  • 2002
2003

L.U.C キャリバー02.01 (L.U.C 1.02) 及び最初の「L.U.C トゥールビヨン」ウォッチを発表。

ショパール・マニュファクチュールの技術が打ち立てた金字塔。

  • 2003
2004

バーゼルワールドにおいて、L.U.C Regulator ウォッチを発表。

  • 2004
2006

「L.U.CEUM」がオープン。ショパール・マニュファクチュール創立10周年を記念してフルリエに建てられたこの博物館には、ヨーロッパ各地から集められた時計製造の歴史を彩る様々な時代の傑作・逸品が独自のスタイルで展示されている。

  • 2006
2007

ショパール・ブティック第100号店、280平米の旗艦店をニューヨークのマディソン・アヴェニュー709番地にオープン。

  • 2007
2010

2010

創立150周年を迎え、これを記念してAnimal World ハイジュエリー コレクションを発表。

  • 2010