Gold Foundry Artisan Paulo

パウロ

ゴールド鋳造師

マニュファクチュールにある秘密の場所は、昔から人々の欲望をかき立ててきた素材に捧げられています。つまりは、見た目からは想像も付かない重さや密度を持つ、光り輝く小さな金塊です。ショパールのゴールド鋳造師のひとりとしてこの分野に君臨するパウロは、マニュファクチュールの職人が時計やジュエリーの製作に用いるインゴットを加工しています。2018年以降、責任ある倫理的な採掘で得られたゴールドを使用するショパール。パウロたちゴールド鋳造師は、その担い手なのです。

ショパールにおいて、ゴールドはすべてのベースになっています。時計の作動を司るムーブメントを収納するのはゴールド製のケースであり、プレシャスなジュエリーがセットされているのもゴールド製のリングやチェーンです。しかし、ショパールのクリエーションに使われるゴールドはいっそう特別なオーラを放っています。理由は、2018年以降、ショパールのアトリエで使用されるゴールドすべてが100%エシカルになったため。パウロはこの素材を、錬金術を駆使して探求し続けているのです。今日、幸運にしてこの仕事にたどり着いたパウロはとても満足しており、自分が、ブランドのクリエーションを身に付けるオーナーのもとで輝くゴールドに触れられる、メゾンで最初の職人であることを自覚しています。こうした名誉こそが、2001年にマニュファクチュールに入社して以来、彼の情熱をかき立てているのです。

安全が確保されたアトリエで、パウロは18Kゴールドインゴットの加工に必要なすべての素材を手にすると、それらをるつぼに置いて1000度以上の温度を加えます。次に融解した金の混合物を鋳型に流し込み、インゴットに成形した後、水で冷却して結晶化させます。そしてインゴットを圧延ローラーで適切な硬度に仕上げて完成させるのです。ショパールの熟練した「錬金術師」であるパウロ。彼は常に同じ情熱をもって、この工程を繰り返し行うのです。

"「人々が私のことを錬金術師と呼ぶ理由としては、私がプレシャスメタルを変化させ、ショパールの100%エシカルゴールドを手掛けているからでしょう。世界中の人々が、私のゴールドで形づくられた腕時計やジュエリーを身に付けていることを心から誇りに感じます。ある意味において、私は彼らの夢を現実に変えることに一役買っているのですから」"

パウロ、ゴールド鋳造師

ショパール

自社で鋳造するという特権

プレシャスメタルの鋳造所を自社に持つことは、ジュエラーにとって貴重な特権のひとつです。時計やジュエリーを製作するマニュファクチュールのほとんどは、素材を合金に作り替える鋳造アトリエを持っていません。ちなみに、時計やジュエリーが純金で製造されることはまずありません。ゴールドはもともと柔らかすぎるため、銀、銅、パラジウムなどを混ぜ合わせた合金として使用しているのです。ローズ、イエロー、ホワイトといった18Kゴールドのカラーを決定付けるのは、それぞれの素材の分量。1978年以来、ショパールはこの作業を自社の鋳造アトリエで行っています。 

パウロ、ゴールド鋳造師

« 「真のラグジュアリーとは、サプライチェーンにおける実際のプロセスを確認できることであり、私たちはショパールの倫理的なゴールド調達プログラムを誇りに思っています。ショパールのアーティスティックディレクターとして、誇りを持ってブランドのクリエーションを身にまとわれるお客様と、ひとつひとつの作品のストーリーを共有できることを本当に嬉しく思います」 »


キャロライン・ショイフレはこう語っています。

portrait of artisan Paulo portrait of artisan Paulo

Artisan of emotions

Meet our artisans

1/6