Laura Jewellery Model-Making Artisan​

ローラ

ジュエリー原型師

ショパールのハイジュエリーアトリエにあるローラの作業台に近づくと、きらめく多彩なオブジェが積み重ねられており、宝物を発掘したような気分になります。そこにある傑作の数々は、オペラの衣装を身に纏うことになるジュエリーの複製なのです。2018年からショパールのアトリエでジュエリー原型師として働くローラは、こういった原型を錫やクリスタルで製作することで、ストーンやプレシャスメタルを用いてオリジナルを製作する職人たちの作業を導いています。

幼少期からデッサンを学んだジュエリー原型師とは美の代弁者です。原型師であるローラの使命は、デザイナーのスケッチで描かれた二次元のジュエリーを初めて三次元で表現すること。彼女は原型を、ゴールドでもダイヤモンドでもなく、思い浮かんだ作品のアイディアや解釈に応じて素早く加工できる、柔らかい錫で形作ります。ジュエリーワックス彫刻師とは異なり、原型にホワイトや色の付いたカクリスタルをあしらうことで、彼女は本物のジュエリーに使われるプレシャスストーンのような輝きや色彩を演出することができるのです。これがサイズやカラーを考慮しながら、完成品のためにプレシャスストーンを選ぶ職人たちの強力な支えになっています。 

ジュエリーの原型は、アトリエのリーダー、宝石細工職人、ジュエリー職人、ジェムセッターらが製作時にジュエリーのフォルムと特徴を把握するのに役立ちます。この大切な予備作業により、アトリエ全体で作業が見通せるようになるだけでなく、時間の節約もできるのです。ローラがノウハウを駆使して正確に製作した三次元の型に沿って、彼らは作業を行っているのです。

"「子供の頃はずっとデッサンを描いたり、祖父のアトリエの工具で遊んだりしていました。今日、こうした経験が錫で原型を作成する作業にとても役立っています」"

ローラ、ジュエリー原型師

 

ローラ、ジュエリー原型師

« 「私の使命とは、美を認識することです。そして、内にある魔法を明らかにするというスキルは、私たちがしばしば忘れがちなものです」  »


ローラ、ジュエリー原型師

piece of jewellery in steel piece of jewellery in steel

Artisan of emotions

Meet our artisans

1/6