Skip to content
0

ダイヤモンド鑑定書

ダイヤモンド鑑定書

GIAおよびHRDによる鑑定書

ショパールは、米国宝石学会(GIA)とダイヤモンド・ハイ・カウンセル(HRD)という2つの独立した機関にダイヤモンドの鑑定を依頼しています。ダイヤモンドの真正性を確認し、あらゆる特性を中立な立場から算定する複数の宝石鑑定士による評価を受け、ナンバー入りの鑑定書が発行されます。さらに、ショパールの各ジュエリーには原産地証明が添付されます。これは、その商品がショパールオリジナルの製品であることを証明するものです。

ショパールのエシカルコミットメント

責任ある宝飾のための協議会(RJC)

ショパールは、顧客の皆様とすべての従業員を尊重した企業活動を展開しています。こうした企業活動の一環として、ショパールは2010年に「責任ある宝飾のための協議会(RJC)」に加盟しました。非営利団体であるこの協議会は、人権、企業倫理、社会貢献、そして環境保護の各側面において、宝飾品の供給と製造のサプライチェーンにかかわるすべての団体や人物に責任ある活動を推進することを目的としています。

キンバリープロセス

メゾンはRJC認定会員として、紛争地帯におけるダイヤモンド取引を排除するために活動するふたつの組織、キンバリープロセスおよびワールド・ダイヤモンド・カウンシルを支援しています。このふたつの組織をを積極的にサポートするため、ショパールは自社の全サプライヤーに対して自主規制システムを課し、紛争ダイヤモンドの購入および販売を行わないこと、疑わしい原産地の宝石を購入しないよう求めています。こうして、ショパールのアトリエが創り出すそれぞれのジュエリーには、原産地保証認定書が付与されます。