0

ショパール
カンヌ国際映画祭
オフィシャルパートナー

ショパール
カンヌ国際映画祭
オフィシャルパートナー

<b>ショパール </br> カンヌ国際映画祭 </br> オフィシャルパートナー</b>
<b>ショパール </br> カンヌ国際映画祭 </br> オフィシャルパートナー</b>


ショパールは1998年よりパートナーを務めているカンヌ国際映画祭と輝かしいデュオを結成しています。ショパールは、名高いパルム・ドールだけでなく5月19日の閉会式で授与される全てのトロフィーをメゾンのアトリエで制作し、恒例の大階段を登るスター達も華やかなレッド カーペット コレクションで飾ります。また、前途有望な俳優にはショパール・トロフィー賞を授与し、毎年盛大なパーティーも企画しています。今年もまた、ショパールがその比類なき煌めきでカンヌ国際映画祭を彩ります。

映画への愛を謳うショパール

過去20年間、ショパールは偉大な映画スターが身に付ける唯一無二のジュエリーを生み出すことで、メゾンのきらびやかな真骨頂を表現してきました。シャーリーズ・セロン、ケイト・ブランシェット、ジュリアン・ムーア、シャロン・ストーン、グウィネス・パルトロー、ヒラリー・スワンク、マリオン・コティヤール、レア・セドゥ、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、ルピタ・ニョンゴ、フリーダ・ピント、ファン・ビンビン(范冰冰)、チャン・ツィイー(章子怡)、イザベル・ユペール、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェーン・フォンダ、その他の様々なスターがショパールのジュエリーを纏いながらあの大階段を登ってきたのです。

数々の名場面が人々の目に焼き付いています。その中でも特に思い出されるのが、2007年にアンジェリーナ・ジョリーがイエロードレスを身に纏い、イエローダイヤモンドをアクセントにしてレッドカーペット上で輝く姿でしょう。また、2016年に初めてカンヌに登場した際、美しいエメラルドのネックレスでデコルテを飾り立てながら、裸足で歩き回って愛嬌を振りまいたジュリア・ロバーツのナチュラルな美しさを忘れてはなりません。

Chopard Trophy

カンヌ国際映画祭の歴史的パートナーとしてメゾン ショパールは、共同社長兼クリエイティブ・ディレクターであるキャロライン・ショイフレの情熱のもと、映画へのひたむきな愛を一貫して示してきました。2001年に創設されたショパール・トロフィー賞は銀幕を彩る男女の若手俳優一名ずつに授与される賞であり、毎年、世界の映画界における新進気鋭の世代にスポットライトを当て、将来の才能に期待を寄せています。

カンヌ国際映画祭の歴史的パートナーとしてメゾン ショパールは、共同社長兼クリエイティブ・ディレクターであるキャロライン・ショイフレの情熱のもと、映画へのひたむきな愛を一貫して示してきました。2001年に創設されたショパール・トロフィー賞は銀幕を彩る男女の若手俳優一名ずつに授与される賞であり、毎年、世界の映画界における新進気鋭の世代にスポットライトを当て、将来の才能に期待を寄せています。 オドレイ・トトゥ、そしてオリヴィエ・ダアンの『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』における演技で2008年にアカデミー賞を受賞したマリオン・コティヤール。『アデル、ブルーは熱い色』の主演女優であり、2013年にアブデラティフ・ケシシュ監督と共同でパルム・ドールを受賞したレア・セドゥとアデル・エグザルホプロス。自主制作映画とブロックバスター映画の両分野で成功を収めてきたシェイリーン・ウッドリー、エズラ・ミラー、ジョン・ボイエガ。この受賞者たちは皆、輝かしいキャリアを築き上げていくことで期待に応えてきました。

スターのためのジュエラー

カンヌ国際映画祭の開催が迫るにつれ、メゾン ショパールのハイジュエリー部門のアトリエでは、キャロライン・ショイフレの思い描く豪華なコレクションに命が吹き込まていきます。女性らしさと美しさを讃えるこの唯一無二のジュエリーがレッドカーペット上で大女優たちを飾ることで、ショパールは華やかさのゆるぎない道標となります。

パルム・ドールとカンヌ国際映画祭

世界中の映画監督が熱望する賞であるパルム・ドールは、毎年、カンヌ国際映画祭の最優秀作品に授与されます。1998年にキャロライン・ショイフレがリデザインしたこのトロフィーは、世界で最も華やかな映画祭とショパールを結ぶラブストーリーの輝かしいシンボルになっています。ショパールによる持続可能なラグジュアリーへの取り組みを示すパルム・ドールは、毎年、フェアマインド認証を受けたエシカルなゴールドを使用して、ハイジュエリー部門のアトリエで丁寧に制作されています。今年はパルム・ドールだけでなく、カンヌ国際映画祭の閉会式で授与されるその他のトロフィーもメゾンのアトリエで制作することになりました。ショパールは数々の感動を呼び起こす映画祭の全ての賞のジュエリー制作者となったのです。

ショパールの創造的でエシカルなジュエリー

2018年のレッド カーペット コレクション

2018年のレッド カーペット コレクションは、クリエイターであるキャロライン・ショイフレが多くの旅から得たインスピレーションや、夢想が織りなす美しい風景をもとに制作されています。貴重な商品をトランクに詰め、はるばるロシア皇帝の宮廷にいたるまで旅をし、世界中を縦横無尽に動いていたキャロラインの家族。彼女もまた、毎年メゾンの作品を扱う多くの国々に精力的に足を運ぶのです。旅を通じて日記にさっと書き留めた印象やスケッチは、キャロライン・ショイフレの絶え間なく溢れるインスピレーション源となっています。レッド カーペット コレクションは、彼女の密やかな夢の世界や直感が生み出すイメージへと人々の心を誘い、豊かで心地良い、そして神秘的な発見をもたらすでしょう。キャロライン・ショイフレは建築、アート、文学、映画など、あらゆるものからインスピレーションを得ます。宝石を心から愛する彼女は、ほんの僅かなディテールから、華麗で何よりも独創的なアクセサリーを思い描くことができるのです。自然もまた彼女の独創力を刺激するパワフルなインスピレーション源です。

レッド カーペット コレクション – 女性らしさと華やかさ讃えて

ショパールの共同社長兼クリエイティブ・ディレクターであるキャロライン・ショイフレは、2007年来、毎年カンヌ映画祭の開催回数と同じモデル数のハイジュエリーコレクションを発表するという比類なきチャレンジを行っています。作品は彼女の無限のイマジネーションとショパールのアトリエが誇る様々な卓越した職人技から生み出され、今年はレッドカーペットに姿を現す世界の大女優たちに捧げられた全コレクション71点が発表されます。

2018年7月、100%エシカルゴールド

「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」プログラムと併せて、企業の社会的責任を果たすためのアプローチを推進するショパール。その取り組みを反映し、2014年から「パルム・ドール」トロフィーは、フェアマインド認証を受けたエシカルな18Kイエローゴールドを用いて制作されています。この名高い賞に環境への責任を反映させることで、ショパールは社会的関心の高いラグジュアリーのために人間と環境を尊重してゆく決意を固く表明し、メゾンの歴史に新たな一章を刻んでいます。メゾンでは、このアプローチを最大限に展開することをめざし、2018年7月より時計とジュエリーの製作にエシカルなゴールドのみを使用します。こうして責任あるラグジュアリーの分野において、パイオニア的な役割を担います。