ショパール 企業理念

確固として受け継がれる伝統:伝統の尊重

ショパールでは、社員は会社の中心であると考え、職人技術の向上に重点を置いています。工房では、製造プロセスを絶えず改良し、また高い品質基準を保証できるよう、様々な専門技術を磨き、向上し、そして継承しています。ショパールはスイス製ウォッチとジュエリー製造の両分野で、30種以上の高度な専門技術と経験を備えた職人を自社内に擁しています。

ファミリーの情熱

ショパールの主要な製品ラインはそれぞれ、経営者一家の情熱のもと、誕生しました。美しい宝石やヴィンテージカーレーシング、比類なきジュエリー、最高の精度とデティールにこだわったオート・オルロジュリー(高級時計製造)に体現されています。カンヌ国際映画祭やミッレ ミリアレースといった象徴的なイベントは、ショパールにとって、映画またレースといった文化的事業へのサポートと情熱を指し示すこの上ない機会となっています。

独立の精神:ショパールの企業理念を明確に示す価値観

ブランドの歴史と実利的な理念に基づいた独立の精神は、ショパールにとって最も重要な価値観です。故に、高度な垂直統合型の製造体制が実現され、決断また創造工程での束縛は全くありません。同時にこの価値観こそ、ショパールグループの常に優れた品質保持、絶え間ない技術革新の遂行、そしてスイスメイドの豊富な知識の継承を可能にしているのです。

大胆な創造性

成功は、大胆不敵な精神の産物。成功を収めるには、会社の成長を促す決断と、リスクを承知の上で行動する能力との絶妙なバランスが求められます。 それぞれのクリエーションが独自のストーリーを語ります。あらゆる分野での創造性が推奨され、支援されています。スイスメイドのノウハウを継承するジュネーブのデザインチームや研究開発チームから、ブティックの販売担当者に至るまで、ショパールのスタッフひとりひとりは、独自の感性を発揮する努力を怠りません。