view of a mountain range with a lac view of a mountain range with a lac

製造に関する実践

環境管理

ショパールは、自社の施設が環境におよぼす影響を最小限にすべく、エネルギーの使用と水資源の効率的な管理、製造工程で生じる余材の再利用、製品パッケージの見直しと簡易化に取り組んでいます。

環境管理

気候とエネルギー

ショパールは、エネルギー消費を最小限に抑え、再生可能なエネルギー源に切り替えることで、気候変動対策の強化を進めています。また、ショパールのバリューチェーン全体で、温室効果ガスの排出を削減・抑制するための取り組みも行なっています。これには、スイスとドイツにある3つの自社製造施設のほか、14の子会社、ならびに65以上のショパールブティックが含まれます。

icon showing rate of renewable energy

スイスにあるショパールの施設では、再生可能な資源によって生産された電力を100%使用しています。2010年には、メゾンの所有するフルリエ エボーシュ工場がスイス・ヌーシャテル州における最大の改修建築となり、省エネ建築の品質基準であるミネルギー基準を獲得しました。さらに、VOC(揮発性有機化合物)排出量tp水と電力の消費を監視するため、専用の計測システムを導入しています。

icon showing rate of CO2 emission

2013年、ショパールはスイス政府と合意を結び、エネルギー消費に関する目標を定め、CO2排出量を大幅に削減することを約束しました。エネルギーに関しては、燃料油からガスへと完全に切り替えたほか、窓の断熱加工、広範囲にわたるLED電球の設置、そのほかのインフラにおける革新的な取り組みが大きな効果をもたらし、CO2排出量が減少しました。

環境管理

エネルギー消費

ショパールは、従業員の通勤による環境への影響を軽減するため、セントラル モビリティ(Centrale Mobilité)に加盟しています。これは、交通手段を共同で利用するためのプラットフォームや啓発キャンペーンなどの様々な取り組みを通して、従業員が利用する自動車の削減に取り組む組織です。

エネルギー消費について詳しく見る

aerial view of the sea side aerial view of the sea side

環境管理

水は地球上で最も貴重な資源です。ショパールは、製造施設だけでなく、サプライチェーン全体において責任ある方法で水資源の管理に取り組んでいます。自社施設では水の消費量をすべて監視し、水の再利用システムを導入しています。また、排水は地域の法的基準に従って処理しています。

icon showing water usage consumption

ショパールの水使用量

ショパールが使用するゴールドを生産している主要な鉱山の中で、水ストレスの高い地域にあるものを把握するため、自社サプライチェーンの調査も開始しました。

その結果、ラテンアメリカでゴールドの主要なサプライヤーである4つの鉱山のうち、ふたつがアレキパに位置することがわかりました。ペルーにあるこの地域は、ベースライン水ストレス指標が高いという特徴がありました。つまり、再生可能な水供給量に対する総取水量の割合が多すぎるということです。しかし、これらの鉱山は責任ある調達イニシアチブ(フェアマインド認証/SBGA:ベター・ゴールド・イニシアチブ)に加盟しているため、水を責任ある方法で管理するための対策が講じられました。

ショパールは2019年から、最も影響の大きい工房のひとつで機器の冷却に閉ループシステムを採用し、水資源の大幅な節約に成功しています。

その結果、地域のコミュニティが使用する水の供給にまったく悪影響を及ぼすことはなく、さらにペルーにある鉱山のひとつでは水資源の再利用率が100%に到達しました。また、同鉱山の運営のために雨水の集水も行なわれています。

環境管理

化学物質の使用

ショパールは、化学物質による環境と健康への影響を最小限に抑えるために、代替素材および物質の使用と促進を担う社内委員会を創設しました。

メゾンは可能な限り、化学物質や危険性が懸念される物質に替えて、影響の少ない代替物質を使うよう務めています。例えば、すべての機械のうち77%に使用する潤滑剤を、有害物質の表示のない製品に変更しました。そのため、環境および人間の健康への影響が軽減されています。

view of a valley view of a valley
icon of rate waste receycling

環境管理

廃棄物

環境への全般的な影響を軽減するために、ショパールは自社の事業から生み出される廃棄物を監視しています。「削減 - 再利用 - リサイクル」をモットーに、広範囲にわたり様々なリサイクル方法を確立したことで、約30種類の素材を回収して再利用できるようになっています。

 

icon showing rate of packaging composition

環境管理

ショパール製品のパッケージ

ショパールは、すべての自社製品のパッケージに使用される素材を改良する努力を続けています。現在、ショパールのウォッチおよびジュエリーのパッケージには、森林管理協議会(FSC)、エコテックス、森林認証プログラム(PEFC)が認証した素材が使われています。

ショパールがマーケティングおよびコミュニケーションで用いる印刷物、ならびに店舗で使用するすべてのショッピングバッグとラッピングの素材にも、FSC認証を受けた紙が使われています。

そのほかにも、環境に対する影響がより少ない素材への切り替えを進めていく見通しです。例えば、ショパールが使用するウォールナット材のボックスは、FSC認証を取得した木材、水性ニスと接着剤、リサイクルされた紙とボール紙で製作されたものです。ヒンジと留め具に使われているステンレススティールも、何度もリサイクル可能なものです。また、ショパールのアニマル ワールド ボックスは、FSC認証を取得した木材と100%天然シルクで作られています。

紙のリサイクルを促進するため、ショパールのショッピングバッグにはラミネート加工を施していません。持ち手には柔らかいコットンを使用しており、プラスチックは一切含まれません。

ショパールのサステナビリティ

ショパールの取り組みを詳しくご紹介します

1/4