Close-up of an hand holding the happy sport first, watch of chopard

新しい時のビジョン ハッピースポーツ

1993年、時のスピリットをとらえたキャロライン・ショイフレは、ステンレススティールとダイヤモンドという独創的で斬新な組み合わせのスポーティなリストウォッチをデザインしました。まさに類まれなる大胆さを宿したハッピースポーツの誕生です。2枚のサファイアクリスタルの間で、文字盤上をプリマバレリーナのように自由にくるくると踊るハッピーダイヤモンドのスピリットを継承したハッピースポーツは、瞬く間にメゾン、そしてレディースウォッチの代名詞となりました。

ジョワ・ド・ヴィーヴル(生きる歓び)の精神 微笑み、希望、愛情

ハッピースポーツがもたらす、ジョワ・ド・ヴィーヴル(生きる歓び)の新たな意味。この時計は、自由な精神を持つ現代女性にとって究極のタリスマンとなります。

魅惑的な力 時間が繰り広げる輝きの舞台

女性のための初の時計、ハッピースポーツは数十年の時とスタイルの変化を超えて輝いてきました。新たなハッピースポーツには、すべての世代を魅了する、さまざまな趣向が凝らされています。

ハッピースポーツ ザ ファースト 1993年のアイコンがリバイバル

ハッピースポーツ ザ ファーストは、1993年に発表されたオリジナルモデルに捧げるオマージュです。その伝説的なムービングダイヤモンドと「ガレ」リンク ブレスレットはそのままに、黄金比の原則に着想を得た直径33 mmの新しいケースサイズと、ショパールの自社製自動巻きキャリバー 09.01-Cを新たに加えました。

ハッピースポーツ 33 mm ショパールのアイコンウォッチの黄金比

調和を求め続けるというコミットメントのもと、ショパールは、メゾンのアイコンに、いっそう華奢なサイズで名声をもたらします。レディースウォッチに搭載されている自動巻きムーブメント、Chopard 09.01-Cの直径を司る黄金比を活用することで、ハッピースポーツのケースを女性の手首に特にフィットする33 mmサイズに再デザインしました。

黄金時代の記憶 ムービングダイヤモンドの歴史

1970年代中盤に、時計製造とジュエリーのコードを覆すことで、ショパールは女性の解放と社会の自由化に象徴される時代の大きな変化を体現してみせました。メゾンは、アイデンティティを築いた過去の栄光に、改めてオマージュを捧げます。