chopard artisan drawing jewellery piece chopard artisan drawing jewellery piece

成功への鍵

従業員への投資

ショパールの従業員は、私たちの成功に不可欠な存在です。

私たちは、ショパールで働くすべての人々がメゾンの中枢であるという信念を持っています。そのため、ひとりひとりの可能性を最大限に引き出す、従業員の研修と能力開発を最優先事項としています。最良のサービスを提供するために、従業員が意欲を維持して職務に専念できるようにすることが、私たちの目標です。

ショパールは、勤続年数が20年以上の従業員がいるだけでなく、定着率が年々向上していることに誇りを抱いています。これは、働きやすい職場環境と家族的な社風を示すまぎれもない証です。私たちはメゾンを特徴付ける家族的な価値観を、従業員全員と分かち合うべく努力しています。

Scheufele family portrait

従業員の尊重

ダイバーシティ&インクルージョン

ショパールは、ダイバーシティとインクルージョン(多様性と包括性)に関するポリシーに基づき、文化的背景、ジェンダー、世代、経験に関して多様性に富む従業員構成を築くよう尽力しています。ショパールの方針とは、すべての人々を平等に扱い、誰もが価値を認められ、尊重されていると感じられるようにするものです。この方針は、ショパールで働く人々の可能性を解き放つために大きな役割を果たすものです。

ショパールで働く私たちにとって、職場における福利もまた大切な事項です。そのため、精神的健康、社会的つながり、ポジティブな姿勢をはじめ、その他の日常生活における数々の側面に対処するための、「ワークライフバランス」に関する取り組みを行ってきました。こうした取り組みの中には、社外ゲストスピーカーとの会議サイクルの編成も含まれており、業務に関する課題からワークライフバランス自体に至るまで、現在関心が寄せられているトピックをカバーしています。また社内ヨガクラスなど、様々なスポーツ活動の推進も行っています。

icons showing different rates icons showing different rates
close-up watch luc

従業員の尊重

技能育成プログラム

ショイフレ家は、ショパールの時計製造とジュエリー制作の伝統を支えるために、次世代の技能育成が重要であることを理解しています。1980年、ショパールはスイスのフルリエに初のジュエラー養成施設を設立し、続いて時計製造技術学校を開校しました。

ショパールの技能養成プログラムとは、ウォッチとジュエリーの専門家に求められる技能を開発するもので、必然的に極めて広範囲にわたるものです。このプログラムは、ジュエリー、時計製造、ポリメカニクス、マイクロメカニクス、表面仕上げなどの各分野で、毎年約40名の研修生を育成しています。

ジュネーブ州はショパールの取り組みを評価し、応用技術部門のカテゴリーで、社員教育に関する最優秀企業賞を授与しました。さらに近年は、ジュエリーと時計製造における研修で極めて優秀な成果を挙げたことにより、2名の研修生が同州より表彰されました。

View of a wonderfull jewellery piece colored

従業員の尊重

研修と能力開発

テクノロジー、規制、環境、その他の外部要因が絶えず進化するこの世界では、ショパールの従業員の知識と技能も、そういった変化を反映して進化することが不可欠です。ショパールでは、従業員ひとりひとりが、業務や管理に関する多様なトピックに基づく研修を受けています。これには、企業のサステナビリティや、職場およびその他の場所での健康と安全に加え、「メティエ・ダール」に関する様々な専門性も含まれます。「メティエ・ダール」の研修は時計製造とジュエリー制作の工房に所属する職人が担当し、それぞれの知識を別の世代に伝授します。ショパールの専門性に関わるサヴォアフェールと伝統は希少性が高いことから、この現場研修が、関連分野での知識を深める唯一の機会となることも少なくありません。

ショパールのサステナビリティ

ショパールの取り組みを詳しくご紹介します

1/4