L.U.C 96.17-S

リファレンス番号:
c6309617s-01
  • ショパールのオート・オルロジュリーの工房で一貫して開発・製造・組み立てが行われた超薄型キャリバーL.U.C 96-17-Sは、ショパール マニュファクチュールの手がけた初のスケルトンムーブメント。高度な技巧と洗練されたエレガンスが組み合わされました。機械式手巻きムーブメントは毎時28,800(4Hz)振動。ツインテクノロジー(積載式二重香箱)による65時間のパワーリザーブを実現。ツインテクノロジーは、ショパールが特許を取得した、コーアクシャルバレル2つを組み合わせたメカニズムです。まさに技術的偉業と呼ぶにふさわしい、わずか3.3 mmの極薄型ムーブメントとなっています。文字盤側にコート・ド・ジュネーブ装飾を施した地板とブリッジは、ムーブメントの心臓部を詳細にうかがえるように緻密なオープンワークが施されています。ロジウムメッキが施された内側部品は、文字盤側からもケースバックからも見えるゴールドメッキの歯車機構と見事なコントラストを生み出し、見る人の目を惹きつけます。
  • その他
    表示:
    時および分
    ワインディング:
    機械式自動巻きムーブメント
    ムーブメントのサイズ:
    Ø 27.40 mm
    振動数:
    4 Hz(振動数 毎時28,800回)
    ムーブメントの厚さ:
    3.30 mm
    パワーリザーブ:
    パワーリザーブ約 65時間、 L.U.C ツイン テクノロジー(積載式二重香箱)
    回転ローター:
    22Kゴールド
    テンプ:
    3スポーク
    ひげゼンマイ:
    フラット
    ムーブメントの装飾:
    コート・ド・ジュネーブ装飾を施したブリッジ、サーキュラーグレイン装飾の地板
    ムーブメントの部品数:
    167
    石数:
    29