ショパール マニュファクチュール 卓越した時計製造

創設から四半世紀を迎えるショパール マニュファクチュールのアトリエでは、自社製ムーブメントの数が増え、今やほぼすべての複雑機構を取り揃えるまでに発展しました。それを示すのが、特許の数です。これまでに取得した22もの特許は、ショパールの革新と進化への絶えざる探求を物語っています。達成された技術的快挙の中には、マイクロローターを収納した超薄型自動巻きムーブメントや、長時間のパワーリザーブを備えたモデル、フライバック機能を搭載した自動巻きクロノグラフ、超高振動を誇るムーブメント、トゥールビヨン、超薄型フライングトゥールビヨン、ビッグデイト、ムーンフェイズを備えたパーペチュアルカレンダー、ユニバーサルタイム、チャイム、ミニッツ・リピーター、さらにこれらの複雑機構を組み合わせたコンプリケーションなどがあります。

レトロスペクティブ 四半世紀に及ぶ時計製造のノウハウ

ショパール マニュファクチュール創業25周年の節目に、時計製造における重要な軌跡を辿ります。メゾンの歴史を築いたラグジュアリーな作品たちをご覧ください。

L.U.C コレクション 卓越したタイムピース

1997年以来、複雑機構を搭載したL.U.Cウォッチのコレクションは、オートオルロジュリーの先駆的なコンセプトを形にしてきました。今日、このコレクションでは、時計製造における伝統と革新の融合を進めながら、自社で開発したあらゆる複雑機構を提供しています。熟練職人の匠の技から生まれるショパールのスイス時計は、シンプルで端正なデザインを纏い、ハイグレードなメカニカルの洗練美を漂わせています。

才能の集結 職人技の披露

創設以来、ショパール マニュファクチュールは、後世に残す価値のある専門技術を持つ職人たちを集める、という使命に取り組んできました。また、完全に消滅したと思われていた一部の技術については、それを復活させてきました。


もちろん、現在消滅の危機にある技術も、未来に向けて継承していかなければなりません。徹底した研修、教育、研究、そして投資により、今やショパール マニュファクチュールは、多彩な専門技術や知識を取り揃えるに至りました。今日、メゾンの工房では、グラン・フー・エナメル、フルリザンヌ彫り、ペルラージュ仕上げなどを始めとする20を超える芸術的な職人技を見ることができます。


技術の共有と保護 職人技の継承

熟練した時計職人によって代々受け継がれてきた、時計作りにおけるノウハウと技術。その重要性を理解する私たちは、最も貴重な遺産が、何よりも人であることを自覚しています。そのため、ショパール マニュファクチュールは、専門技術の継承に真摯に取り組んできました。毎年、フルリエとメイランにおいて、40名の研修生が、ショパールの時計製造技術学校で教育を受けています。


希少な技術や伝統的な技術を含めた、あらゆる時計製造技術を学ぶ数年間の課程を修了した彼らは、次世代の熟練職人を目指します。2008年にジュネーブ州から「社員教育に関する最優秀企業」に認定されたショパールは、ジュネーブ時計製造学校の基礎実習で用いる教材として、自社製のムーブメントを提供しています。

さらに詳しく見る

1/3