LUC Chopard watch on a man's wrist LUC Chopard watch on a man's wrist

カール‐フリードリッヒ・ショイフレ

洗練されたジェントルマンのビジョン

耽美主義で情熱的なカール-フリードリッヒ・ショイフレは、時計製造における成功の礎を築くことで、ショパールのあり方に大きな影響を与えました。伝統的な時計製造がいわゆるクォーツショックの打撃から脱した1990年代、彼は機械式時計が発展を遂げることを予想し、新たな時計工房の設立に取り組みました。


その目的は1860年にショパールを創業したルイ‐ユリス・ショパールの遺産を称えるべく、初の自社製キャリバーを開発すること。当時は類を見ない、マイクロローターと、数多くの機能を備えた初の自動巻きムーブメントである「L.U.C 96.01-L」とは、ショパール マニュファクチュールとL.U.Cコレクションの幕開けを象徴する存在です。

ショパール マニュファクチュールの誕生

ショパール マニュファクチュール

卓越した時計製造技術

創設からおよそ25年が経過したショパール マニュファクチュールは、工房の発展と共に自社製ムーブメントの数を増やし、今や時計の複雑機構のほぼすべてを取り揃えるようになりました。それを示すのが、特許の数。今までに取得した22もの特許はショパールの革新と進化への絶えざる探求を物語っています。


達成された技術的快挙のなかには、マイクロローターを収納した超薄型自動巻きムーブメントや、長いパワーリザーブを備えたモデル、フライバック機能を搭載した自動巻きクロノグラフや、超高振動を誇るムーブメント、トゥールビヨンや超薄型のフライングトゥールビヨン、ビッグデイトとムーンフェイズを備えたパーペチュアルカレンダー、ユニバーサルタイム、チャイムに、ミニッツ・リピーター、そして、これらの複雑機構を組み合わせコンプリケーションなどがあります。


時計製造における偉業

才能の集まり

職人技の評価

創設以来、ショパール マニュファクチュールは、残す価値のあるノウハウを持つ職人たちを集める、という使命に取り組んできました。加えて、一部の専門技術については、完全に消滅したと思われていたテクニックを復活させてきました。もちろん、今消滅の危機にある技術も、未来に向けて継承していかなければなりません。

徹底した研修、教育、研究、そして投資により、今やショパール マニュファクチュールは多彩なノウハウを取り揃えるに至りました。今日、メゾンの工房では、グラン・フー・エナメル、フルリザンヌ彫り、ペルラージュ仕上げといった、20を超える芸術的な職人技を見ることができます。

サステナブル・ラグジュアリー

高級時計

時計製造の伝統に対する敬意を持つショパール。それを高いレベルで実現することで、ショパール マニュファクチュールのクリエーションは際だった評価を受けてきました。そんなメゾンのあり方は、新しいコミットメントである“サステナブル・ラグジュアリーへの旅”によっていっそう輝きを増しています。

2014年、メゾンのアトリエは初めてエシカルゴールドで製作した、複雑機構を搭載する初のタイムピース「L.U.C トゥールビヨン QF フェアマインド」を完成させました。この世界初の快挙以来、メゾンはすべてのL.U.Cウォッチとジュエリーにエシカルゴールドを使用しています。

Chopard

ショパールの最新L.U.C ウォッチ

共有と保護

職人技術のレガシー

熟練した時計職人によって代々受け継がれてきた、時計作りにおけるノウハウと技術。その重要性を理解する私たちは、最も貴重な遺産が、なによりも人であることを自覚しています。そのため、ショパール マニュファクチュールは専門技術の継承に熱心に取り組んできました。毎年、フルリエとメイランに分かれて、合計40名の研修生がショパールの時計製造技術学校で教育を受けています。


希少な技術や伝統的な技術を含めた、あらゆる時計製造技術を学ぶ数年間の課程を修了した彼らは、次世代の熟練職人を目指します。2008年にジュネーブ州から「社員教育に関する最優秀企業」に認定されたショパールは、加えて、ジュネーブ時計製造学校の基礎実習で用いる教材として、自社製のムーブメントを提供しています。


View of the Chopard L.U.C Manufacture building View of the Chopard L.U.C Manufacture building
gold nugget in bag

責任あるビジネス

さらに見る

Close-up of a LUC Chopard watch

カリテ フルリエ財団

さらに見る