0

ロータス ブラン ジュエリーウォッチ

ロータス ブラン ジュエリーウォッチ ロータス ブラン ジュエリーウォッチ

ロータス ブラン-2017年ジュエリーウォッチ賞

受賞後、ショパール共同社長兼アーティスティック・ディレクターのキャロライン・ショイフレは次のようにコメントしています。「ショパールは、最高品質のハイジュエリーモデルを創作することで世界的な評価を築き上げてきました。数年間におよんだクリエイティブチームと共に成し遂げた今回の偉業を誇りに思います。当メゾンのハイジュエリー部門の熟練工の皆さんに心から感謝いたします。私たちは、現代的な先進技術と脈々と受け継がれてきた貴重な伝統の技とを融合させ、最高の素材、完璧な色彩、光彩効果、斬新なデザインなどを追究することにより、洗練の域を極めた作品を生み出すべく、日々切磋琢磨しています。飽くことなきエクセレンス、ビューティ、ソフィスティケーションへの挑戦が、作品へのインスピレーションの源となっているのです。」繊細かつ優雅な東洋の花 ホワイトロータス(白蓮)は、ピュアなマインドとハートの象徴です。ショパールのウォッチメイキングの技とジュエリーのクリエイティビティが融合することによって、ハイジュエリーウォッチ「ロータス ブラン」が、秘められた究極の美を明かすかのように、大輪の花を咲かせました。 果てしなき創造性への探求心と完璧を目指す推進力の結晶が、この秀逸な作品を作り上げました。

インスピレーション

ショパールの共同社長キャロライン・ショイフレは、メゾンのアーティスティック・ディレクターとしてハイジュエリーのデザインに情熱を傾けています。彼女は、旅先での出来事や人々との出会いなどからインスピレーションを得て、ハイジュエリー部門のデザイナーと協力し、素晴らしい数々の作品を生み出してきました。それは東南アジアへの旅行中の出来事でした。庭園を散策中のキャロラインは、水辺に咲いたホワイトロータス(白蓮)の洗練された美しさに心を奪われます。東洋の宗教で聖なる花として親しまれているこの繊細な水生植物は、仏教では神の御座(蓮華座)にも意匠されています。優雅な花弁は計り知れないほどのパワーを湛え、日の出に開花する花が夜には閉じることから、日々再生し、翌朝には純粋無垢な新たな花となって花弁を開くと言われています。ホワイトロータスのこの「永遠の再生」の姿を表現するため、ショパールは、ジュエリーの花弁が開閉することで時計部が見え隠れし、秘密めいた遊び心が楽しめるゴージャスなハイジュエリーウォッチを作り上げました。

ショパールが豪華さを添えたホワイトロータス(白蓮)

25.66カラットにもおよぶホワイトダイヤモンドをセットしたこの希少なタイムピースは、メゾンの熟達したジュエリー職人の手による緻密な作業によって誕生しました。ジュエリーデザイナーからウォッチメーカー、ジュエラー、マイクロジェムセッターに至るまで、すべてのハイジュエリーの職人たちが、この壮大な夢のごとき作品のために、彼らの卓越した才能を結集させました。水の露玉を散らしたかのように煌くダイヤモンドセットの花弁が流れるようになめらかに開き、時計部を覗かせます。スレンダーなダイヤモンドの連鎖から成るしなやかなブレスレット部は、ロータスの花が留まる波打つ水面を彷彿させます。花弁の開閉する姿は印象的の一言に尽きます。荘厳に輝く光輪の中で、ジュエリーの花びらが優雅にかつダイナミックに目覚め、眠りにつきます。