クマのアーティと流れ星

共有
Linkedin

ショパールの冬の物語

むかしむかし、星月夜が囁きました。
ワクワクと高揚感に包まれた香りを風がそっと運び、クリスマスの魔法が一面に広がっていました。
ザワザワと音を立てる森からは、樹木の芳しい香りがふんわりと漂い、ホリデーシーズンならではの喜びに満ちた煌めきを感じさせます。
雪の結晶がちらほらと舞い、辺りは静けさで満たされていきます。そして、山頂は真っ白い雪化粧をまといます。
クマの子、アーティが森の中を歩みます。足跡は長い冒険の黄金の糸をたどっていきます。
アーティはどこに向かって歩いているのかわかりませんでした。寂しくもなければ、道に迷ったわけでもありませんでした。ただただ、星に導かれて進んでいきました。
森の鳥や動物たちがアーティを取り囲み、まるでタリスマンのようにメロディーを奏でます。森は、ゴールドと不思議な糸で刺繍されたシルクのような優しい歌を口ずさみ、アーティを見守っていました。

むかしむかし、クマがいました。名前はアーティ。アーティは曲がり角や空き地に差しかかるたびに、空を見上げて行く先を考えました。こっちに行って、あっちに行って…!
雪で覆われた山頂には美しい宝石で飾られた燦然と輝く星が瞬き、クリスマスの宵にはショパールの神聖な作品が、唯一無二の輝きを放ちました。
ダンス、ワクワクする競走、王国はもうすぐそこに。むかしむかし、そこにはショパールがありました。
森の神聖なおののきの中でプレイフルな雲に乗り、魅惑的で壮大な凍てつく光景の中を漂っていました。夢見る人には、イマジネーションが描き出す宮殿の門が大きく開かれます。
子どもの頃のようにワクワクする心を持ち続け、優しい抱擁が巻き起こす喜びの渦に身をゆだねる人のために。

むかしむかし、ある夜のこと。クマのアーティは気の向くままに進んでいきました。印のついた小径をたどって...そして時間と自然の深淵に宿る星たちを道しるべに。大切な人の目にその壮大な輝きを映し、煌めく星たちを目印にして。
あなたのためだけに作られた星座の輝きを湛える、愛する人からのギフトの光がタリスマンのように導きます。
 ジュエリーやウォッチは、感動を託す、揺るぎない絆の証。
ショパールのユニークな冒険、差し伸べられた手、一つひとつに紡がれる強い絆。
むかしむかし、クリスマスシーズンのこと。流れ星が瞬く時にだれもが思い浮かべる、あの恵みの時。世界が輝き、永遠の贈り物のように天国の栄光が降り注ぐ、あの瞬間。

アーティのギフトセレクション

ブログに戻る