ショパールダイアリ—ショパールの新作をぜひご覧ください

共有
Linkedin

毎年、メゾン ショパールは、世界最大の時計と宝飾の見本市であるバーゼルワールドにて、気品ある新製品を発表しています。今年もまた、きらめきに満ちあふれ、他にはないクラフツマンシップを誇る作品が披露され、輝かしい幕開けとなりました。バーゼルワールド2019年の"ビハインド・ザ・シーン”—メンズ&レディースウォッチの眩い新作をお届けいたします。

すぎゆく時を讃えて

レディファースト!2018年、アイコンコレクションのハッピースポーツは、25年にわたる軌跡をバーゼルワールドで祝福しました。自由なスピリットを抱く女性たちにインスピレーションを得た斬新なコレクションは、ステンレススティールとダイヤモンドというこれまでにはない大胆な組み合わせから誕生しました。前例のない斬新さで時代を先駆けるキャロライン・ショイフレは、現代女性の心を映し、さまざまなシーンで活躍するウォッチコレクションの創作を試みました。刻々と移り変わる時代に合わせ優美に時を操るハッピースポーツ。新たに生まれ変わりながら、陽気なパーソナリティを披露します。

バーゼルワールド2019にて、ショパールは1993年発表の初代ハッピースポーツに添えれられていたマイユデザインのブレスレットを採用し、女性らしさをより一層際立たせたタイムピースを発表しました。オーバル型の文字盤を備えるタリスマンウォッチは、身にまとった女性の動きに呼応し、7石のムービングダイヤモンドが優雅に揺れ動きます。18Kローズゴールド製、またはステンレスティール製ケースにダイヤモンドをセッティングしたベゼルを備えるハッピースポーツは、ショパール マニュファクチュールで特別に開発、製造された自動巻きムーブメント”09.01-C”を搭載しています。

この華やいだ祝福の場で、ショパールは煌めきの瞬間をとらえる壮麗なジュエリーウォッチ「ルール・ドゥ・ディアマン」に、3本の新作ウォッチを加えました。直径30mmの見事なタイムピースは、時計製造におけるサヴォアフェールとジュエリー制作における芸術的な技を融合させ、輝きを追求するショパール マニュファクチュールの卓越性を体現しています。

きらめくオパール、魅惑的なマラカイトあるいは虹色に輝くラピスラズリを用いた文字盤は、ショパールの職人たちが丹念にセッティングしたダイヤモンドのベゼルによって一層引き立てられ、華やかなパーティに相応しいタイムピースへと仕上がっています。心を魅了する色彩豊かなグリーン、ロイヤルブルーあるいはネイビーブルーのストラップが、これから来るシーズン、女性たちの手首を彩り、注目の的なることは間違いないでしょう。

さらに艶やかな色彩をお探しの方へは、新作「インペリアーレ ジュエリー レインボー」ウォッチがオススメです。日々を輝かせるジュエリーウォッチとなるでしょう。ベゼルを縁取るマルチカラーのバゲットカットサファイアは、直径36㎜の文字盤に虹を描き出す一方、ホワイトまたはタヒチ産のマザーオブパールは、雲のようなテクスチャーを醸し出します。すぎゆく時間が見る人の目を喜ばせるように。

歴史上の偉大な帝国にインスパイアされたタイムピース。色鮮やかな人生を求める現代のエンプレスたちのためにデザインされました、魅惑的な存在感とリッチなディテールは、古代に着想を得ています。権力を有した女性たちが今では、その女性らしさを介し、現代女性たちを導いているのです。

ショパール L.U.C、紳士に捧げる究極の必需品

紳士に捧げるL.U.C コレクション。ルイ-ユリス・ショパールの名を冠するフラッグシップコレクションに新作が登場しました。フルリエに位置する自社一貫製造のマニュファクチュール。スイス時計製造における卓越性の最高基準を誇ります。

新作モデルで最大の見どころは、間違いなくメゾン初となるフライングトゥールビヨンを搭載した「L.U.C フライング T ツイン」。クロノメーター認定を受けた卓越のムーブメント、ストップセコンド機能を特長とするカリスマ性あふれるタイムピースは、技術性と審美性を兼ね備えています。ひときわ目を引く手作業による見事なギョーシェ装飾が施されたゴールド製文字盤、そしてフェアマインドゴールド認証を受けたローズゴールド製の超薄型ケースによって、比類ないタイムピースへと仕上がっています。

究極の洗練美で優れた時計を愛する現代のジェントルマンに捧げる50本限定のこのモデルは、« Poinçon de Genève »(ジュネーブ・シール)の認定を受けています。

端正なデザインが魅力のL.U.C XPは、卓越性を追求しつつも、さりげないエレガンスを求める男性にぴったりのタイムピースです。深いネイビーブルーを帯びたバーティカルサテン仕上げの文字盤には、秒針も日付表示もありません。L.U.C XPは現代の紳士たちにとって、必要な要素だけを備えたウォッチです。丸みのあるローズゴールドの数字がアクセントを添え、カシミアストラップの彩りが繊細なコントラストを描く優美なウォッチは、サヴィル・ロウのスピリットを想起させるかのごとく、手首に馴染みます。

厚さわずか7.2mmの超薄型ケースに、58時間のパワーリザーブを有する積載式二重香箱、L.U.C 96.53-Lが搭載されています。全てのL.U.C コレクションが、ショパール マニュファクチュールの卓越した専門技術と気品を体現しています。

バーゼルワールド2019で復帰を予告したL.U.C クロノ ワン フライバック。過去のモデルでは直径44mmケースが採用されていたところ、新作にはさらにスリムな直径42mmケースで登場しました。今回の新たな2作品は、以前のコードに敬意を表するとともに、最新素材を用いることで、現代のメンズファッションを極めています。異なる濃淡が特徴のグレーは、ステンレススティール製ケースと繊細なサテン仕上げの文字盤に合わせたスレートグレーのアリゲーターストラップが添えらえています。控え目で落ち着いた趣を帯びた250本限定エディションです。

もう一方は、100本の限定エディション。宇宙、航空、医療分野で幅広く用いられる素材Titalyt®製で、ミリタリーグリーンの彩りによって、手首にスポーティな存在感を放ちます。両モデルともキャリバー L.U.C 03.03- Lを搭載し、短時間計測を次々と連続して行えるフライバック機能を特徴とするクロノグラフです。

バーゼルワールド2019、ショパールの最新作モデルはいかがでしたでしょうか。メゾン ショパールは今後も、輝かしい飛躍を皆さまにお届けしてまいります!

ブログに戻る