ショパール、世界で最も美しいカーレースのオフィシャルクロノメーター

共有
Linkedin

"1000 Miglia 2020"のスタートラインに漂うドルチェ・ヴィータ

ブレシア、2020年10月22日(木)– 32年目を迎える今年も、ショパールは1000 Miglia(ミッレ ミリア)のメインパートナー兼オフィシャルクロノメーターとして、レースのスタートラインに姿を見せました。「世界で最も美しいレース」として名高い本イベントは伝統的に5月に開催されてきましたが、今年は新しい衛生規則に従い、10月22日から25日の開催となりました。日程の変更にもかかわらず、400名を超える熱狂的な選手たちが、ショパールのアンバサダーであり、メゾンが開催するイベントの主宰であるジャッキー・イクスに見守られながら、1618kmのコースへと飛び出して行きました。その前日、「ル・マンのキング」はブレシアにある”La Sosta”でのプライベートディナーで、メゾンの職人がレースに敬意を表して製作したミッレ ミリア コレクションのタイムピースを披露しました。

Chopard watch in bead-blasted DLC stainless steel and ethical rose gold with black leather strap and dial

ミッレ ミリア コレクションの新作モデル

例年通り、ショパールは1000 Migliaの開始時に、今年のレース開催を記念したコレクションの新シリーズを発表できることを誇りに思います。2020年のクロノグラフ「ミッレ ミリア 2020 レース エディション」は、マイクロブラスト加工とDLC処理を施したステンレススティール製ケースと文字盤にエシカルローズゴールドをあしらった、ブラックレザーストラップ付きの直径42mmの250本限定モデルとマイクロブラスト加工とDLC処理を施したオールステンレススティール製の1000本限定モデルになります。いずれもクロノメーター認定を取得した自動巻きムーブメントを搭載しています。

またこのコレクションには、極めて現代的なブルーカラーを纏ったステンレススティール製のミッレミリア GTS アズーロ パワーコントロール(直径43mmの500本限定モデル)とミッレ ミリア GTS アズーロ クロノ(外径44mmの750本限定モデル)も加わりました。これらもクロノメーター認定を取得した自動巻きムーブメントを搭載しています。

さらにショパールは、20本限定のトゥールビヨンクロノメーター、ミッレ ミリア ラボ ワンを発表します。このコンセプトウォッチは、ショパールのアトリエに宿る技術とイノベーションの粋を集めたものです。クッション型のケースは、マイクロブラスト加工とDLC処理を施したチタン製で、トゥールビヨンムーブメントのショパール 04.03-Mを収納しています。

 

コレクションを見る
ブログに戻る