小さなダイヤモンドが成しえる大きな夢

共有
Linkedin

心に響く真の時計

 

アイコンを完璧へと導くということは、時に製図の段階まで遡り、細かな修正を加えることで、最終的に完成型が大きく変化することもあります。
ハッピースポーツ オートマティック ウォッチは、デザインを見直した直径33㎜のケースに自動巻ムーブメントを搭載。デザインから、製造、組立に至るまで一貫して自社で行われたムーブメントChopard 09.01-Cは、流れるような秒針の動きで他とは一線を画し、真の歴史の継承者の地位を確立しました。付け加えるまでもありませんが、42時間のパワーリザーブが快適な日常生活を約束します。また、内部機構の眺めを楽しみたい方のために、サファイアクリスタルのシースルーバックでムーブメントの精緻な動きをご堪能いただけます。

この新作モデルにはエシカルローズゴールドとステンレススティールを使用しています。伝統は必ずしも退屈ではないように、時計も画一的ではありません。メゾン ショパールはこれまで、時計やジュエリー業界からアイディアを拝借することに躊躇することはありませんでした。ハッピースポーツはスティールとダイヤモンドを組み合わせた初のウォッチで、新作モデルは長きにわたって確立してきたツートーン ケースの伝統を汲んでいます。ローズゴールド製リューズにあしらわれたサファイアの爽やかなブルーが、アクセントになっています。
自然こそがメゾンのインスピレーションの源流のため、ケースはムーブメントのサイズによって黄金比で設計されています。古代より芸術、建築、科学の分野で活用されてきた黄金比は、親しみやすく目で見て美しいクリエーションを生み出してきました。直径33㎜のケースは、女性の手首に最適なサイズです。
完成したウォッチは時を告げるだけでなく、見た瞬間に喜びと幸福をもたらしてくれるのです。+

 

サステナブル・ラグジュアリーへのコミットメント

 

ハッピースポーツ ウォッチは、サステナブル・ラグジュアリーにコミットする真の良例です。2018年7月以降に製造されたウォッチやジュエリーと同様に、ハッピースポーツは100%エシカルなゴールドだけを使用しています。
これはメゾンとお客様にとって大きな一歩。手を取り合って地球と未来を守るために、責任を分かち合うのです。家族経営のメゾンは一丸となって社会的・環境的な課題に挑み続け、2013年にはサステナブル・ラグジュアリーへの道を歩み始めました。サプライチェーンの各工程に目を配ることで、環境を守り、製造にかかわる人々の雇用を維持するだけでなく、幾重にも輝くクリエーションを生み出し続けています。

ウォッチの発見
ブログに戻る