自由な精神を持った女性たちへの賛歌

共有
Linkedin

ハッピースポーツは、自由で大胆な女性を讃えるウォッチ

 

力強いアイコンとは、私たちの想像力に強烈な印象を与え、あたかもその存在そのものが当然であったかのように感じさせます。しかし、ハッピースポーツは、もしかしたら日の目を見ることがなかったかもしれません。
メゾンを象徴するモデルが誕生したのは、自身のビジョンを形にしようという、キャロライン・ショイフレの負けず嫌いと粘り強さがあったからでした。この勝利は、一番大切なことは自分に自信をもつことという自覚を持った1人の女性の力の勝利であり、先見性に長けたすべての女性の勝利でもあります。

 

90年代の女性たち

 

ポップカルチャーが到来し、新たなメディアによって新たなコードがもたらされた1990年代。あふれんばかりのエネルギーは、MTVのミュージッククリップやTV広告の原色にも及び、かつてないほど女性たちをスポットライトの下へと集めました。気品、大胆さ、エネルギー、ビジョン、力、本能…。そのどれもが、勝ち誇り、決然とした女性たちをまぎれもなく証明していました。

以来、世界は完全に女性たちのものとなり、この動きはショパールにも押し寄せました。
キャロライン・ショイフレの推進力のもと、女性はメゾンのインスピレーションとなって、その証を刻み、ショパールの神秘的なクリエイションへとつながっていきました。すべての女性にとって「ショパールの時間」が到来したのです。

 

 

1人の女性の粘り強さから生まれた時計

 

ハッピースポーツの歴史。それは、1人の若い女性の粘り強さの歴史と言えます。90年代初頭、キャロラインは、ハッピースポーツ ウォッチのデザインをショパールのウォッチチームに提示しましたが、チームはその成功を疑わしく思いました。アトリエの責任者は、プロジェクトに対して敵意を見せて、商業的に実現しえないと断言したのです。自分の考えに自信があったアトリエ責任者は、キャロラインに「もしこの時計を売ることができたら、時計1本ごとにバラの花を1本贈るよ」と賭けを持ちかけました。何よりも挑戦を愛するキャロライン・ショイフレは、このチャレンジにためらうことなく挑み、その挑戦的な態度の中にも、プロジェクトに全身で取り組もうとするあふれんばかりのエネルギーを見い出していました。1993年、アトリエからきらびやかに誕生したハッピースポーツは、公式にローンチされます。彼女は賭けに勝利し、アトリエ責任者は当惑しながらも、ショパールの共同社長にバラの木を1本まるごと贈ったのでした。

 

成功が、さらなる成功へ

 

ハッピースポーツの世界的な成功以降、キャロラインはその大胆さと創意でメゾンに寄与し続けています。夢を見て、情熱に生き、人生を大局から見る。それ以来、障害はひとつひとつ弱まり、メゾンは、ウォッチの世界はもちろん、ジュエリーの世界でもハイジュエリーコレクションの発表を通して、誰もが認める指標のひとつとなりました。

オスカー候補の女性たちが幸運のお守りにするジュエリーメゾンとして、また、カンヌ国際映画祭の公式パートナーとして、今のショパールがあるのは、キャロラインと多くの女性たちによるものです。革新を愛し、情熱を抱き続けてきたメゾンの歴史は、2013年の「サステナブル・ラグジュアリーの旅」の発表によって、持続可能な発展への挑戦に足を踏み入れ、それに伴い、とりわけエシカルゴールドの段階的な導入も進められています。なぜなら、自由で決然としたエスプリは、途中で立ち止まることなどできないからです。

詳しく見る
ブログに戻る