L.U.C XP Il サルト キートン

共有
Linkedin

スイスの高級時計作りとイタリアのスプレッツァトゥーラが生み出した傑作

ショパールは、イタリアにおけるテーラーの巨匠である「キートン」と初のコラボレーションを結び、「L.U.C XP Il サルト キートン」を作り上げました。ビーズブラストとDLC処理を施したステンレススティールを持つ本作は100本限定。超薄型のケースに、控え目な千鳥格子柄の文字盤と、レッドアリゲーターのライニングを備えたスレートカラーのカシミア製ストラップを合わせています。

ノウハウ

ピュアかつシンプルなエレガンスで知られる超薄型の「L.U.C XP」は、キートンのアルティザンが手掛ける端正な「スーツ」をまとっています。スイスの時計職人とナポリのクチュリエとの出会いは、まさに運命的と言えるでしょう。男性的なエレガンスを宿し、職人技と伝統において同じビジョンを有するふたつの名高いファミリーメゾンは、それぞれのノウハウを融合して「L.U.C XP Il サルト キートン」を生み出しました。ショパール マニュファクチュールを1996年に創立したショパールの共同社長であるカール‐フレドリッヒ・ショイフレは、今の世界と21世紀の革新を見据えた、伝統的な高級時計作りをもたらしました。一方で、1968年にキートンを創設したチロ・パオーネの弟子たちは、豊かな創造性を持ち、彼の言葉を信じています。「人とは尽きることのないインスピレーションの源。その歩みが創造を呼び覚ますのです」。

「L.U.Cとは、特徴的な個性が際立つ、高級時計のコレクションです。私たちとキートンとのコラボレーションは自明でした。私たちふたつのメゾンは長年にわたって、彼らの職人技と、その実りある創造性の卓越性を証明してきたからです」-カール‐フレドリッヒ・ショイフレ

彼の言葉から生まれたのが、固有のシリアルが与えられた、100本限定の希少なタイムピースでした。

Chopards Kiton watch on a white background

デザイン

揃った色彩が、このモデルの魅力です。微妙な陰影に満ちた、黒くて美しい造形をもたらすのは。ビーズブラスト加工されたDLC処理のスチールケース、文字盤、ストラップのスレートグレーの色合いです。

真鍮製の文字盤には、キートンの特徴である千鳥格子がガルバニック加工とラッカー仕上げで施されています。これは、ナポリのテーラーであるキートンがとりわけ好むもの。イギリス国王であるエドワード8世のワードローブを落札したキートンは、名高いダンディだった彼のエレガンスに敬意を表したのです。

Chopard Kiton's watch slate-colored cashmere strap lined with red alligator leather.

精度

高名なL.U.Cの系譜を受け継ぐ自動巻きムーブメントの「L.U.C 96.53-L」は、ショパール ツインテクノロジーを駆使したツインバレルが、58時間のパワーリザーブを可能にしました。また高密度のタングステン合金製マイクロローターが、高い巻き上げ効率をもたらします。ムーブメントのブリッジに緻密な「コート・ド・ジュネーブ」を施すことで、内側も外側も美しく仕上げた「L.U.C XP Il サルト キートン」。その凝ったムーブメントが、シースルーバックから姿を覗かせます。

L.U.C XP Il サルト キートンを見る
ブログに戻る