ショパールがミッレ ミリア 2019に参加

共有
Linkedin

1000マイルにおよぶ壮大なアドベンチャーのスタートラインに再び臨むショパール

ショパールは、2019年のミッレ ミリア レースに、長年にわたるパートナー兼オフィシャルタイムキーパーとして31回目の参加を果たしました。今年は、クラシックカーをこよなく愛するメゾンの共同社長、カール-フリードリッヒ・ショイフレがメルセデス・ベンツ 300SL 「ガルウィング」でレースに参戦。今回初めて、ショイフレ・ファミリーのカーレースに対する情熱を受け継ぐ娘のキャロライン-マリーがレーシングパートナーを務めます。クラシックカーによるモータースポーツとの強い絆で知られるショパールは、この機会に、「ミッレ ミリア レース エディション」クロノグラフの最新作、さらに2つの新作モデルとして「ミッレ ミリア GTS パワーコントロール」とイタリアのカロッツェリア(カーデザイン会社)、ザガートの創業100周年を記念したタイムピースを発表します。

ショパールは1988年から、熱意あふれるパートナーとして有名なミッレ ミリア耐久レースをサポートしてきました。このレースに対するメゾンの密接な協力は、長年にわたってクラシックカーを手に入れてハンドルを握ることに情熱を注いできたショイフレ家のひたむきな想いに端を発しており、ファミリーのメンバーはそれらのマシンでレースにも参戦しています。

1927年に誕生したミッレ ミリアは、世界で最も名高いクラシックカーイベントの一つに数えられています。初めて開催された際は、ブレシアから出発し、ローマで折り返してスタート地点に戻るコースで、1618km(1005ローママイルに相当)の距離を走行する激しい戦いとなりました。

1955年、有名な英国のレーシングドライバー、サー・スターリング・モスがこのレースで優勝しました。彼は平均時速97.96マイル、10時間7分48秒でコースを駆け抜けたのですが、この輝かしい記録タイムは現在に至るまで破られていません。

ミッレ ミリアは、1957年に当初の形式での開催が中止されましたが、その後、1927年から1957年の間に製造されたクラシックカーによるタイムおよびリライアビリティトライアルのレースとして1977年に復活しました。この新方式でも、イタリアの中心部を通ってブレシア - ローマ間を往復するかつてのコースの大部分が踏襲されており、走行距離は1000マイルにおよびます。

感覚に訴えかけるクラシックカーの宴

このイベントでは、それぞれの時代における希少かつ最高級の、そして極めて価値の高いクラシックカーが出場し、各車の本来の力を発揮してコースを駆け抜けます。このレースは、その魅力によって人々の視覚や聴覚、嗅覚をとらえるとともに、まるで時間を巻き戻したかのように、初期の頃のミッレ ミリアで観衆が集まっていた、かつてと同じ街や村を巡ります。

「時間」は、創設当初からミッレ ミリアの中心的要素であり続けてきました。排気管のパチパチという音、タイヤが路面と擦れたときのキーッという音、そしてショパールの名を世界に知らしめた精密な時計製造技術の完璧な調和は、まさに「時間」によって生み出されるのです。

ファミリーにとってのビッグイベント

2019年のレースでは、ブレシア市内にあるヴェネツィア通りの並木道に設けられたスタート地点のランプから430台のクラシックカーが出走。その中には、ショパールの共同社長、カール-フリードリッヒ・ショイフレの姿もあります。30回を超える出場経験を持つ彼とともにコ・ドライバーとしてレースに参加してきたのは、妻のクリスティンや 父のカール、 そしてル・マン耐久レースで6度の優勝に輝いた伝説的ドライバーにして親友のジャッキー・イクスといった人々でした。

今年は、初めて娘のキャロライン-マリーがコ・ドライバーを務めることになりました。長く厳しいコースに挑む2人が操るマシンは、長い間ショイフレ・ファミリーのクラシックカーコレクションの中心的存在であった独特な「ストロベリーメタリック」カラーのメルセデス・ベンツ 300 SL ガルウィングです。

カール-フリードリッヒ・ショイフレは次のように語っています。「今年のミッレ ミリアにはキャロライン-マリーと一緒に参加できるので、とてもうれしく思っています。彼女は、私の父から伝えられてきたクラシックカーに対するファミリーの情熱を受け継いでいて、彼女自身も安全で腕のいいドライバーです。また、メルセデス・ベンツ 300SLで参戦できることをとても喜んでいます。これは、快適で信頼性が高く、すばらしいスピードを出せるマシンです。まるで旧友のような存在で、この車とは互いに語り合うようにコミュニケーションを取ることができるんです。それは、ミッレ ミリアでオープンスポーツカーを操っているときに、簡単にできることではありません。」

スクーデリア・ザガートによるスタイリッシュなレース

有名なミラノのカロッツェリア(カーデザイン会社)、ザガートのデザインによる美しいハンドメイドの車体を採用した15台ものレーシングカーが、ショパールのフラッグを掲げて出走します。

スクーデリア・ザガート・レーシングチームのオフィシャルスポンサーを務めるショパールは、ザガートが創業100周年を迎える今年、この節目を記念して100本限定エディションの特別モデルを製作しました。

レースを観戦する人々は、イタリアで最も美しい街並みや風景が続くミッレ ミリアの壮大なコース沿いで、ショイフレ親子とスクーデリア・ザガートの活躍を楽しみ、声援を送ることでしょう。

ガルダ湖畔の街、シルミオーネを過ぎると、レースは文化と芸術の中心地であるマントヴァ、そしてアドリア海のリゾート地として知られるチェルビアへと進みます。2日目はウルビーノやペルージャなどの古都を巡り、折り返し地点のローマに向かいます。

シエナでの満ち足りた休息

3日目は折り返して北へ向かいます。ドライバーたちは、息をのむほど美しいヴィーコ湖の景色を堪能しながら、有名な伝統行事の競馬「パリオ」が行われるシエナのカンポ広場へ向かいます。

ショパールは、ドライバーが昼食と満ち足りた休息の時間を楽しめるよう、この場所に「パドック」スタイルのホスピタリティエリアを設営します。休憩の後は再び熱気あふれるレースに戻り、コースの中でも特にロマンティックな雰囲気が感じられるフィレンツェの中心部を通過。そして、難所で知られるフータ峠とラティコーザ峠を越え、宿泊地のボローニャに到達します。

最終日の4日目、ちょうど食と自動車文化の祭典「モーターヴァレー・フェスティバル」が開催中のモデナを通過し、パルマ、クレモナ、モンティキアーリを経て、ブレシアのゴール地点に到着。ヴェネツィア通りでは伝統のパレードが繰り広げられます。

ミッレ ミリア 2019:ショパールの新作ウォッチ

ショパールは今年もまた、ミッレ ミリアの開催を記念して特別な新作ウォッチを発表します。まず、「ミッレ ミリア 2019 レース エディション」クロノグラフ。グレーの文字盤にコニャックカラーのカーフレザーストラップを組み合わせた250本限定のステンレススティール&ローズゴールド製モデルと、1000本限定のステンレススティール製モデルで展開されます。どちらのモデルも、直径44mmのケースにCOSC(スイス公式クロノメーター検定局)認定の自動巻きムーブメントを搭載しています。

また、イタリアのカロッツェリア、ザガートの創業100周年とショパールのスクーデリア・ザガート・レーシングチームに対するスポンサーシップを記念して製作された「ミッレ ミリア クラシック クロノグラフ ザガート 100周年 エディション」を発表。さらに、COSC認定の自動巻きムーブメントと60時間のパワーリザーブを備えた「ミッレ ミリア GTS パワーコントロール」限定エディションが、新作モデルとしてメゾンのコレクションに加わります。

ブログに戻る