プレシャス レース クリエイティブなジュエリーの輝きと軽やかさ

共有
Linkedin

プレシャス レースコレクションは、複雑なダイヤモンドの組み合わせが織りなす、ジュエリーのモダンクラシックです。ショパールならではのアイコニックなシグネチャーを描くこのジュエリー コレクションは、軽やかで、叙情的で、際だってフェミニンであり、安楽なデザインと職人技の組み合わせにおいて、ショパールそのものと言えるでしょう。レースの軽やかさと無垢な白さから着想を得たこのコレクションは、軽快かつ複雑なオープンワークを背景に、ダイヤモンドとエシカルホワイトゴールドまたはローズゴールドを組み合わせて、光と空間のなかに自然と溶け込んでいます。強さと脆さ、ダイヤモンドの永遠の輝きと、レースの肌にそっと触れる空気のような軽やかさとは、オートクチュールとハイジュエリーの対話が生み出したものです。女性の動きにぴったりと寄り添い、肌の一部のように感じられる、シルクのように魅惑的なプレシャス レースコレクション。そのクリエーションは、ショパールがメンバーでもあるフランス オートクチュール連盟の価値観を表しています。

ハイジュエリーの新たなコンセプト

 

プレシャス レースコレクションの軽やかな新作ジュエリーにより、ダイヤモンドとレースのプレシャスなオーラを手軽に身に纏えるようになりました。すべての女性にふさわしい、シーンを問わずに使える贅沢なジュエリーアクセサリー。ファイン ジュエリーやハイジュエリーの枠を超えて、プレシャスストーンを身につける古典的でモダンなアプローチは、優雅さと気楽さを融和させるショパールならではの才能を物語っています。

precious lace

 

倫理と美の融合

 

メゾンのハイジュエリーアトリエで、責任ある宝飾のための協議会のメンバーから供給されたエシカルゴールドやダイヤモンドを用いて製作されるプレシャス レースの最新作。このコレクションで、ショパールはハイジュエリーの美、クラシシズム、職人技とメゾンのビジョンに息吹を吹き込むだけでなく、快適な付け心地のジュエリーに、女性らしさとカリスマ性を盛り込みました。

それぞれのジュエリーは、花柄、アラベスク模様、渦巻き模様をまとい、懐かしい繊細なレースのスカラップパターンを描いています。プレシャス レースコレクションのモチーフには、リズミカルで波打つゴールドと、ペアーシェイプのダイヤモンドを囲むダイヤモンドセットのカールが、4つのデザインとしてあしらわれています。海の巻き波をイメージさせるプロポーションの「Vague」はペアイヤリング、ペンダント、リングに採用されています。スカラップパターンと透かし彫りの土台にペアシェイプダイヤモンドの花弁をあしらう「Mini-Froufrou」と呼ばれるフラワーモチーフは、リング、イヤリング、ペンダント、バングルに施されています。類似した半円形のフルロン(花形装飾)は、通称「Nuage」と言われるペンダントとチェーン、イヤリング、リングに用いられるもの。そして2つのサイズで展開されるアイコニックな「Cœur」ペンダントにはプレシャス レース処理を施しています。

 

ジュエリーのレース

 

プレシャス レース コレクションでは、ペアシェイプとブリリアントカットダイヤモンドの意匠とシルエットをそれぞれのモチーフの透かし彫りに生かすことで、手作業で製作された繊細なレース模様を再現するだけでなく、クラシシズムに詩的なリズム、遊び心溢れるテンポ、現代性をももたらしています。レースの繊細さはゴールドの精密な加工と、極薄のフレーム、軽やかな仕上げで再現されており、そのすべてがダイヤモンドの輝きを引き立てる、メゾンの職人の傑出したノウハウを証しています。その技はオートクチュールの裁縫師のノウハウを思わせます。ショパールは、最高級の素材選び、ディテールへのセンス、快適な装着感、そして女性への愛情といった、オートクチュールの持つ価値観を共有しているのです。

コレクションを見る
ブログに戻る