2019年 レッド カーペット コレクション

共有
Linkedin

レッドカーペットを彩るジュエラー "ショパール"

毎年、キャロライン・ショイフレは、カンヌ国際映画祭の開催数と同じ点数のハイジュエリークリエーションを生み出すという壮大なチャレンジに挑んでいます。今年は珠玉の72作品が、レッドカーペットに登場する美しい女優たちをゴージャスに彩り、彼女たちをひときわ輝かせました。究極のジュエリーで演出するカラーとフォルムの巧みな融合を武器に、ショパールは「レッドカーペットを彩るジュエリーメゾン」として、リビエラでの絶対的な地位を確立します。

LOVE:ショパールが究極のエモーションを昇華させるとき

「アルチザン オブ エモーション」を掲げるショパールの創意に満ちた世界と、ショパールがインスピレーションを受ける世界との繋がりの中で、「愛」は絶対的な価値を有しています。ャロライン・ショイフレは、彼女の周囲を取り巻くあらゆる事象に対する多彩な好奇心と柔軟かつ繊細な洞察力を通じて、そこから美とエネルギーの真価を感じ取ることができる類まれな才能を持った女性です。ジュエリーメイキングによって、彼女は、自らの表現でこれらの価値を変容させ再構築します。「愛」は、さまざまな愛の形を称賛する今回の「レッド カーペット コレクション」のテーマです。周囲の人々から地球上の動植物に至るまで、そして美術史から先進の技術や研究開発に至るまで、キャロライン・ショイフレの飽くなき好奇心は尽きることがなく、物事の細部にまで探求を続けます。そこから培った豊かな色彩感、素材の知識、個性やストーリーで満たされた「発想の泉」が、メゾン ショパールのクリエイティブの中枢を担う人々の手によって、ユニークかつ独創的なコレクションを通して花開きます。この明確なビジョンこそ、人生を謳歌するキャロライン・ショイフレが、溢れんばかりの創造性と豊かな先進性を兼ね備えた魅力的で歓喜に満ちたコレクションをデザインする原動力となっているのです。

ブログに戻る