映画『ロケットマン』を彩ったショパールのクリエーション

共有
Linkedin

ショパールと映画は、永遠に続くラブストーリーで結ばれています。世界中のレッドカーペットを彩るジュエラーとして、メゾンは映画プレミアの舞台だけではなく、その撮影過程においても女優や男優たちを美しく飾ってきました。今回ショパールは、パラマウント・ピクチャーズの作品『ロケットマン』で、エルトン・ジョンを演じたウェールズ出身の俳優タロン・エガートンが映画の中で身に着ける、ウォッチ&ジュエリーを担当しました。

ショパールとエルトン・ジョン:長年の友情

パワフルでエモーショナルなエルトン・ジョンの半生を綴ったストーリーの映画化に、彼と親しい友人であるキャロライン・ショイフレが興味を示しました。そのシナリオでは、歌手としてのキャリア初期に形作られたエルトン自身のパーソナルスタイルが変化や発展していく様子が描かれ、英国俳優のタロン・エガートンが演じるエルトン・ジョンは、ショパールのウォッチやジュエリーを身に着けて登場します。ハッピーハート、ハッピーダイヤモンド、ハッピースピリットなどのジュエリーや、ハッピースポーツのウォッチに加え、アニマルワールドのハイジュエリーコレクションからの豪華なピースなどが、スクリーンに映し出されます。内向的な幼少期を経て、奔放でエキセントリックなファッションで知られるようになったポップミュージックの天才の豪奢なスタイルを表現するため、芸術作品ともいえる煌びやかなピースが選ばれました。これらのピースは、アーティストとしての圧倒的成功と共にラグジュアリーの世界へと傾倒していくエルトンのライフスタイルの変化を反映しています。彼の両親を演じるブライス・ダラス・ハワードとスティーヴン・マッキントッシュも、メゾンのクリエーションを着用しています。

メゾンの友人であるエルトン・ジョン卿によって依頼された数々のスペシャルモデルをショパールは制作してきました。
メゾンは長年にわたり、彼の活動のひとつであるエルトン・ジョンAIDS基金(EJAF)へのサポートを行ってきました。彼との親密なリレーションシップのもと、このポップカルチャーの偉大なるアイコンへの敬意を表し、今作『ロケットマン』制作への協力が実現したのです。

ブログに戻る