メゾン ショパールのクリエーション、最新作映画「ロケットマン」に登場

共有
Linkedin

ショパールと映画は、永遠に続くラブストーリーで結ばれています。世界中のレッドカーペットを彩るジュエラーとして、メゾンは映画プレミアの舞台だけでなく、その撮影過程においても女優や男優を飾ってきました。デクスター・フレッチャー監督作品『ロケットマン』では、ポップカルチャーのアイコン エルトン・ジョン卿を演じた英国俳優タロン・エガートンが身に着けるウォッチ&ジュエリーを担当しました。

何年にもわたって、ショパールは映画界と情熱的な関係を築いてきました。1998年よりオフィシャルパートナーを務めるカンヌ国際映画祭をはじめ、米国アカデミー賞、さらには前途有望な若手俳優に注目し、その才能を称賛するショパール・トロフィーなど、主要な国際映画イベントで活躍してきました。メゾンの共同社長兼アーティスティック・ディレクターのキャロライン・ショイフレのたゆまぬ映画への情熱のもと、ショパールはウディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』、ロブ・マーシャル監督の『NINE』、シェカール・カプール監督の『エリザベス:ゴールデン・エイジ』、そしてオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督の『DIANA』といった、数々の映画に対し制作協力を行ってきました。

日本では2019年8月公開、デクスター・フレッチャー監督の新作『ロケットマン』の専属ジュエリー提供メゾンとしてパートナーを担っています。この伝記映画は、伝説シンガーのエルトン・ジョンが、シャイな若き天才ピアニストから世界に名だたるポップスターへと変貌を遂げる姿を描いたヒューマンアドベンチャーです。パワフルでエモーショナルなエルトン・ジョンの半生を綴ったストーリーの映画化に、彼と親しい友人であるキャロライン・ショイフレが興味を示しました。そのシナリオでは、歌手としてのキャリア初期に形作られたエルトン自身のパーソナルスタイルが変化や発展していく様子が描かれ、英国俳優のタロン・エガートンが演じるエルトン・ジョンは、ショパールのウォッチやジュエリーを身に着けて登場します。ハッピーハートハッピーダイヤモンド、ハッピースピリットなどのジュエリーや、ハッピースポーツのウォッチに加え、アニマルワールドのハイジュエリーコレクションからの豪華なピースなどが、スクリーンに映し出されます。内向的な幼少期を経て、奔放でエキセントリックなファッションで知られるようになった天才ポップアーティストの豪奢なスタイルを表現するために、メゾンの華やかなウォッチ&ジュエリーが選ばれました。これらのピースは、アーティストとしての成功と共に、ラグジュアリーの世界へと傾倒していくエルトンのライフスタイルの変化を反映しています。彼の両親を演じるブライス・ダラス・ハワードとスティーヴン・マッキントッシュも、メゾンのクリエーションを着用しています。

 

メゾンの友人であるエルトン・ジョン卿によって依頼された数々のスペシャルモデルをショパールは制作してきました。彼は活発な慈善活動家としてもよく知られています。メゾンは長年にわたり、彼の活動のひとつであるエルトン・ジョンAIDS基金(EJAF)へのサポートを行ってきました。彼との親密なリレーションシップのもと、『ロケットマン』制作への協力が実現したのです。

 ショパール共同社長兼アーティスティック・ディレクター キャロライン・ショイフレより

「私の大親友であるエルトン・ジョン卿は、音楽のみならずファッションや人間性においても、極めて優れた才能の持ち主です。映画『ロケットマン』では、エルトン卿の大胆な性格や逸話を通して、彼の豊かなインスピレーションが反映されています。この映画の制作に関わることができたことを、非常に嬉しく思います。ショパールのウォッチ&ジュエリーが、タロン・エガートンをエルトン・ジョン卿へと変身させてくれる一助となることを切に願っています。」

 ロケットマン』のコスチューム・デザイナー ジュリアン・デイより

「私は、この映画のコスチュームデザインを通じて、エルトン・ジョン卿の煌びやかなパーソナルスタイルをスクリーンに再現したかったのです。彼の衣装をより現実味のあるものにするため、本物のジュエリーを使用できたことにとても感謝しています。今回のプロジェクトで、ショパールは最も理想的なジュエラー&ウォッチメーカーであり、一緒に仕事ができたことを大変光栄に思っています。このメゾンの大胆なクリエイティビティや色彩感覚は、私のビジョンとぴったりと合致しました」。

ブログに戻る