0

エシカルゴールドに対するショパールのコミットメント

責任ある製造

社会的責任と道徳的観念が、ショパールの企業理念を支える価値観です。垂直統合型独立企業として、私たちは1978年より全てのゴールド合金を自社内鋳造工程で生産しています。このことから、完結型システムに基づいた経営が可能となり、70%の生産廃棄物(当社施設内で使用のゴールド)がリサイクルされ、ゴールドを新たに採掘する必要性を減少できるのです。私たちの製品は全て、スイス(ジュネーブ、およびフルリエ)、そしてドイツ(フォルツハイム)にある自社工場で一貫製造されます。

フェアマインドゴールド

「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」の一環として、ショパールは南米における責任ある小規模ゴールド採掘協同組合のフェアマインド認証取得を支援するコミットメントを発表しました。フェアマインド基準は小規模鉱山採掘事業者に対し、採掘過程において、労働環境(児童労働禁止を含む)、社会発展そして環境保護に対する厳格な要求事項が維持されていることを実証するように求めています。ショパールは多数の小規模鉱山採掘者がフェアマインド認証を取得するために直接的な責任を担ってきました。その認証取得を目的として、採掘者たちにトレーニング、新しい加工施設、そして社会的・環境的支援を提供します。
フェアマインド基準は、採掘者たちに安定した市場供給ルートを確保し、彼らが採掘するゴールドの正当価格を保証します。採掘者たちが受け取る(市場価格に加えた)割増金「プレミアム」は、小規模鉱山採掘者、およびそのコミュニティの生活や労働条件を改善し、持続可能な方法で採掘者コミュニティを構築し強化することに寄与しています。
ショパールは、これらコミュニティが生産するゴールドを購入・使用し、エシカルなハイジュエリー コレクション(グリーン カーペット コレクションを含む)やL.U.C コレクションのコンプリケーションウォッチを制作してします。2017年、ショパールはフェアマインドゴールドの調達において、最大のバイヤーでした。

スイス・ベター・ゴールド・アソシエーション(SBGA)

2017年、ショパールは小規模ゴールド採掘者たちの生活向上を目指す率先活動に寄与し、責任あるゴールド採掘量を増やすために、スイス・ベター・ゴールド・アソシエーションに参画しました。スイス・ベター・ゴールド・アソシエーションと連邦経済省経済事務局の公共・民間パートナーシップから、小規模鉱山採掘者たちの生活環境改善を願う、「小規模鉱山採掘者たちのためのベターゴールド提唱」が生まれました。このイニシアチブはスイス市場の重要性に依存しており、ゴールド部門で中心的役割を果たす関係者を結び付け、ゴールドのバリューチェーンを通じて持続可能かつ透明な環境を生み出します。鉱物調達が武力勢力の資金源をなることを避ける、OECDの「紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュ-・ディリジェンス・ガイダンス」のような、多数の国際的イニシアチブ遂行を支援しています。

ショパールのエシカルゴールド

ショパールの定義する「エシカルゴールド」とは、環境および社会のベストプラクティス基準に則った、責任ある産地から調達したゴールドです。
2018年7月より、ショパールのゴールドは、そのトレーサビリティの確実な2つのルートのうち1つから調達されます:

1. スイス・ベター・ゴールド・アソシエーション(SBGA)、フェアマインドそして公正取引スキームに参画する小規模鉱山採掘者が採掘したゴールド。

2. 責任ある宝飾のための協議会(RJC)認証の精製所とのパートナーシップによる「責任ある宝飾のための協議会流通加工管理」ゴールド。

私たちのビジョンは、私たちの購入する小規模採掘ゴールドの認証比率をできる限り増やし、市場に流通させることです。これは、原材料の原産地保証を調達最優先事項とするショパール長期的コミットメントの最終段階を示します。