ショパール イベント

カンヌ国際映画祭

1998年以来、カンヌ国際映画祭のオフィシャルパートナーを務めるショパール。壮麗なジュエリーと美しいタイムピースを生み出すメゾンが、「パルム・ドール」トロフィーのリデザインを担当し、この文化的イベントに貢献してきました。ショパールはまた、カンヌ国際映画祭において才能ある若手俳優に贈るショパール・トロフィー賞を創設し、映画界全体を支援しています。

ポルシェ モータースポーツ

ショパールとポルシェは、優れた精度、そして性能に対する情熱を共有しています。ポルシェ モータースポーツチームは2014年、最新マシン「ポルシェ919ハイブリッド」で、FIA世界耐久選手権に復帰しました。「スーパーファスト」コレクションは、このポルシェ モータースポーツチームの勝利に対する飽くなき意欲を見事に体現しています。レーシングカー、またポルシェのアイデンティティにインスパイアされ誕生した「スーパーファスト」は、興奮と感動に満ちたカーレースへの賛辞が込められたタイムピースです。ショパールは、ポルシェ モータースポーツのオフィシャルタイムキーパーとして、FIA世界耐久選手権のサーキットでチームとともに戦っています。

ミッレ ミリア

ミッレ ミリアは、1927年から1957年まで毎年開催され、一時中断された後、1977年に再開された伝説的なカーレースです。参戦するドライバーは、ブレシアからローマまでの壮大なイタリアの田園風景の中、往復1000マイルを走破します。ショパールが最初にオフィシャルパートナーおよびタイムキーパーとしてミッレ ミリアをサポートした1988年以来、ヴィンテージカーへの熱い情熱を抱くカール-フリードリッヒ・ショイフレ自身も、積極的にこのレースへ参加し、自らステアリングを握ります。彼は次のように語っています。「美しい車の愛好家は、美しい時計もこよなく愛する。その逆もまた然り。どちらの世界においても、最高の精度とスポーティなエレガンスが、最も大切な要素である。」

グランプリ モナコ ヒストリック

ショパールがこの特別なレースへ公式参加を果たしていることから、由緒あるモータースポーツとブランドの深いリレーションシップを理解することができるでしょう。グランプリ ヒストリックは、モータースポーツの黄金時代を想起させる非常に見応えあるイベントです。ショパールは、このレースへのオマージュとして、秀逸なクロノグラフ「グランプリ モナコ ヒストリック」コレクションを製作しました。そして、各レースの優勝ドライバーの功績を讃え、最新モデルを贈呈しています。