0

ショパールが創作する作品

パルム・ドール

世界中のあらゆる映画監督が渇望する最高の栄誉パルム・ドールは、毎年、カンヌ国際映画祭の最優秀作品に授与されます。1998年にキャロライン・ショイフレが新たにデザインしたこのトロフィーは、世界で最も華やかな映画祭とショパールを結ぶラブストーリーの輝かしいシンボルになっています。長編の最優秀作品に授与されるパルム・ドールと短編の最優秀作品のためのミニ・パルムは、いずれも「フェアマインド認証」を受けたエシカルなゴールドで制作されています。 それだけでなく、パルムの枝が嵌め込まれたロッククリスタルも含め、権威あるこれらの賞のトロフィーはすべてショパールのアトリエが制作し、数々の感動を生み出します。

エンブレム

1998年以来ショパールが手がける作品

すべては1997年、キャロライン・ショイフレが当時のカンヌ国際映画祭の会長、ピエール・ヴィオ氏と出会った時から始まりました。ピエール・ヴィオ氏のオフィスに展示されていたトロフィーをじっくりと眺めていたキャロライン・ショイフレに、彼は新しいパルム・ドールのデザインを依頼しました。映画を愛する彼女にとって、それは新たな挑戦でした。彼女は夢中で取り組み、その限りないインスピレーションとクリエイティビティを、映画界で最も渇望される賞の一つに捧げたのです。翌年、1998年のカンヌ国際映画祭閉会式にて、全世界に向け、新しいパルム・ドールが披露されました。そして今日至るまで、ショパールはその栄誉あるトロフィーを作り続けています。

だれもが渇望する至宝

本物のジュエリー作品

ショパールの宝飾アトリエで1998年にデザインされた貴重なパルムの葉は、その1片1片がハイジュエリー作品です。有名なクロワゼット通りに並ぶヤシの木と聖オノラの伝説を彷彿とさせるカンヌの紋章をモチーフにしたパルム・ドールは、エシカルな「フェアマインド」認証を受けた118グラムの18Kイエローゴールド製。それは、繊細な葉がやさしいそよ風に包まれて一瞬動きを止めたようにも見えます。また茎の根元に象られた小さなハートは、寛大な心を持つジュエラーとして愛されるメゾンを象徴した、キャロライン・ショイフレが捧げるオマージュです。さらに、黄金のヤシはエメラルドカットダイヤモンドのようなフォルムのクリスタルの台座に載せられました。自然は決してふたつとして同じロッククリスタルを生み出さすことはないため、素材に見られるごく小さな違いがそれぞれのトロフィーを世界で唯一無二のものとしています。カンヌ国際映画祭で最も渇望され、ジュエリーにも匹敵するこのトロフィーは、ショパールの5人の熟練職人が、40時間以上もの時間をかけ手作業で完成させた作品なのです。

フェアマインド ゴールド

持続可能な責任あるラグジュアリー

ここ数年来、ショパールは企業の社会的責任をメゾンが掲げる価値観のひとつに位置付けながら、その推進に力を注いでいます。環境、社会、倫理の分野で基準を確立する上で主導的な役割を担う機関「責任ある宝飾協議会(RJC)」のメンバーとして、エコ・エイジ創設者、リヴィア・ファースとともに、「サステイナブル・ラグジュアリーへの旅」と称されたプログラムを2013年に発足させました。グリーンカーペットコレクションもまた、同じ年に誕生しています。ショパールでは、社会や環境に関し責任ある活動を明確に証明できるサプライヤーから原材料の調達を行っています。フェアマインド認定を受けたエシカルなゴールドで制作されるパルムは、持続可能で責任あるラグジュアリーへのショパールの取り組みをさらに証明するものです。

パルム・ドール

受賞作品

かつてないほどのまばゆい輝きと新たなオーラを放つこの伝説の映画賞は、今回も再び、人々の羨望の的となることでしょう。


 最近のパルム・ドール受賞作品 

2018 :『万引き家族』、是枝裕和監督 

2017年『ザ・スクエア 思いやりの聖域』、リューベン・オストルンド監督 

2016:『わたしは、ダニエル・ブレイク』、ケン・ローチ監督 

2015:『ディーパンの闘い』、ジャック・オディアール監督 

2014:『雪の轍』、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督 

2013:『アデル、ブルーは熱い色』、アブデラティフ・ケシシュ監督

さらに読む

ショパールの世界