0

パートナーシップ& フィランソロピーへのコミットメント

ショパールはサステナビリティとは当社の供給調達から販売に至るまでのパートナーたちと、手に手を携えて協力することで達成できると確信しています。パートナーシップこそが、世界各地にポジティブな変化を増長する手段であると信じています。ショパールと同様の価値を分かち合い、的確な技巧で当社製品を完全なものにするパートナーとの信頼関係を確立しました。
さらにショパールは、常に崇高な信条を積極的に支持する行為が、ショパールの精神の根幹であると考えています。長年、ショパールは医療、エコロジー、芸術、文化など様々な分野で要となる社会・慈善パートナーシップを構築してきました。

責任ある宝飾のための協議会(RJC)

ショパールは、「責任ある宝飾のための協議会」メンバーであることを誇りに思っています。「責任ある宝飾品業のための協議会」は、宝飾サプライチェーン全体で、企業倫理、人権、社会貢献、環境保護の責任ある活動を促進し、宝飾業界に対する消費者の信頼を高めるために設立された業界基準設定組織です。「責任ある宝飾品業のための協議会」は宝飾品サプライチェーンのための基準となる共通プラットフォーム、そして責任ある事業活動の実施の有無を第三者機関が検証する、信頼性の高いメカニズムを開発しました。ショパールは、「責任ある宝飾品業のための協議会」の原則および行動規範に則り、事業活動を展開しています。

公正な採掘のための連盟(ARM)

「公正な採掘のための連盟(ARM) 」は独立した国際NGO 団体で、世界中の「小規模鉱山採掘者(ASM)」コミュニティの公正さと福祉を唱道しています。これらコミュニティは採掘労働者の80%、ゴールド産出量は世界全体の20%を占めています。ARMはゴールドのサプライチェーンおけるASM組織、事業、研究機関と、基準の設定、生産支援、コミュニケーションを通じて、小規模採掘分野の現状を好転させるために密に協力し合っています。
ショパールはARMと共同で南米の採掘コミュニティを支援しフェアマインド認証取得に貢献しました。市場での安定した供給ルートを提供し、鉱山で働く人々やおよびそのコミュニティがゴールドを公正な条件で取引できるようになりました。このパートナーシップの過程において、ショパールは発展途上国におけるゴールド採掘者たちの悲惨な現実に対する消費者の意識を高め、彼らの状況をどのように改善できるかを実証しています。採掘組織とそのコミュニティの公認化においてARMとともに投資することで、ショパールはこれら社会の片隅で忘れられたコミュニティに希望をもたらし、正当かつ尊厳ある生活実現に尽力します。このイニシアチブに関する詳細情報は、資源のセクションをご覧ください。

ホセ・カレーラス国際白血病財団

1988年7月、自らの白血病を克服してから1年後、世界で最も有名なテノール歌手ホセ・カレーラスは研究と有望な科学プロジェクトを支援する財団を創立しました。財団はまた、治療機会の向上と、骨髄移植を実施できる設備の整った病院数を増やす手助けを行っています。ホセ・カレーラスとショイフレ家は古くから親交が深く、1991年に基金のスイス支部ジュネーブ、1995年にミュンヘン支部を設立しました。以来、カール・ショイフレがスイス財団会長を務めています。ホセ・カレーラス ウォッチコレクションが最初に発表されたのは、1996年のことです。初回限定シリーズのケースバックには、世界各地のオペラハウスが刻印されています。財団へのパートナーシップは現在も継続されており、L.U.C XP売上げの一部が基金に寄付されています

ハッピーハート ファンド

ショパールの共同社長兼アーティスティック・ディレクターのキャロライン・ショイフレは自然災害後の学校再建や子どもたちの生活再建を支援するハッピーハート ファンド、そしてペトラ・ネムコヴァとパートナーシップ契約締結を発表しました。ハッピーハート ファンドは世界7か国で活動を展開し、これまでに81の学校と幼稚園を再建しました。このプログラムによって支援を受けた子供たちは4万5千人以上、地域住民は49万人以上におよびます。このような活動をサポートするため、ショパールは、ハッピーハート ブレスレットの売り上げの一部をファンドに寄付しています。