0

Partnerships & Philanthropic Commitments

Chopard believes that the greatest achievements in sustainability will only be achieved by working hand in hand with our upstream and downstream partners. We strongly believe in partnership as the way to amplify positive change we can make in the world. Therefore, we build alliances with those with whom we share common values and those whose competencies complement our own efforts.
Further, Chopard has always been active in supporting noble causes and considers these actions as a central part of our culture. Over the years, Chopard has built key social and philanthropic partnerships in a number of fields such as medicine, ecology, art and culture.

The Responsible Jewellery Council

Chopard is a proud Member of the Responsible Jewellery Council (RJC). The Responsible Jewellery Council is a standards-setting organisation that has been established to reinforce consumer confidence in the jewellery industry by promoting responsible ethical, human rights, social and environmental practices throughout the jewellery supply chain. The Responsible Jewellery Council has developed a common platform of standards for the jewellery supply chain and credible mechanisms for verifying responsible business practices through third party auditing. We commit to operating our business according to the Responsible Jewellery Council Principles and Code of Practices.

Alliance for Responsible Mining (ARM)

The Alliance for Responsible Mining (ARM) is an independent global NGO that advocates the equity and well-being of Artisanal and Small-scale Mining communities (ASM) throughout the world. These communities account for 80% of the mining workforce and produce 20% of the world’s gold. ARM works closely with ASM organisations, businesses and institutions in the gold supply chain in order to positively transform the artisanal and small-scale gold mining sector through standard setting, production support and communication.

Chopard has joined forces with the ARM to support and enable mining communities in Latin America to reach Fairmined certification, which will provide a stable route to market and a fair deal for the miners and their communities when selling their gold. During the course of this partnership, Chopard raises consumers’ awareness of the often dismal reality of gold miners in the developing world and demonstrates how their situation can be changed for the better. By investing alongside the Alliance for Responsible Mining in the formalisation of mining organisations and their communities Chopard creates hope for these forgotten communities on the margins of society and helps them to make a legitimate and dignified living. For more information on this initiative, look into our sources section.

キャロライン・ショイフレとペトラ・ネムコバは、ハッピーハート コレクションの特別エディションを通じ、コラボレーションを実現し「オール・ハンズ・アンド・ハーツ-スマート・レスポンス」の活動支援を行っています。

2005年、ペトラ・ネムコバは、自然災害の被災地において耐災害性に優れた安全な学校を再建するという使命のもと、慈善団体「ハッピー・ハーツ基金」を自ら立ち上げました。この基金設立以来、彼女は精力的に日夜活動に取り組んでいます。組織の代表として彼女が最初に取り組んだのは、「ハッピー・ハーツ・ファンド」の活動を長期的に継続していくためのシステム、ビジョン、戦略を作り上げることでした。

彼女が最も意欲的に臨んだのは、災害後の継続的な支援の不足により、忘れ去られがちな子供たちのための学校の再建事業でした。2004年の津波を生き延びて、辛い経験を乗り越えたペトラは、母なる自然の力を自ら理解することで、災害によって自分たちの生活が壊されてしまった後の援助、自信、希望を必要とする人々と繋がることができたのです。「自然を制御することはできないが、自らのとるべき行動を決定することはできる」と、ネムコバは語っています。

2017年秋、「ハッピー・ハーツ・ファンド」は、「オール・ハンド・ボランティアズ」と合併し、新たに「オール・ハンズ・アンド・ハーツ-スマート・レスポンス」という組織として、自然災害の影響を受けたコミュニティの早急および長期的なニーズに効率的・効果的に対処するための活動を続けています。「オール・ハンズ・アンド・ハーツ」は、耐災害性に配慮した被災地の学校や住宅の再建に早急に着手し、それを継続的に支援しています。これまでに、ペトラたちの慈善団体は、耐災害性の高い206の学校を再建し、世界11カ国105,000人以上の子供たちへの援助を行っています。

ショパールは、「エデュケーション・アバブ・オール」を支援しています。

ショパールが今再び、崇高な目的へのコミットメントを表明します。ショパールは、高貴な理念を掲げる人道的活動を支援し続けています。慈善活動への積極的な取り組みを行っているメゾンが、今回は「エデュケーション・アバブ・オール(Education above All)」が実施している「Educate a Child(子供に教育を)」プログラムの支援を行うことを決定し、特別制作された2つのハッピースポーツと、2つのハッピーダイヤモンド ブレスレットが発表されました。 

ショパールは、「ハッピー・ハーツ・ファンド」、ケンブリッジ公が後援・主催を務める「センターポイント」、「ホセ・カレーラス国際白血病財団」など、これまでもいくつかの慈善事業への積極的な支援を行ってきました。今回ショパールが、教育を通じて世界各国の人的、社会的、経済的な環境を継続的に改善するという崇高な目標を掲げ、カタールのモウザ・ビント・ナーセル・アル=ミスナド妃殿下によって2012年に設立された「エデュケーション・アバブ・オール(Education above All)」への協力を快諾したことも、しごく当然の成り行きといえるでしょう。 

ショパールは、財団への積極的な協力を行うに当り、貧困、環境要因、文化的障壁、紛争などの深刻な問題によって脅かされている地域の子供たちが、安心して学校に通うことができるための環境を整備することを目的とした「Educate a Child」プログラムを支援することを表明しています。未来へ、そして世界の明日を築く子供たちへ目を向けることで、このプログラムは、子供たちに教育を提供できるという進歩と繁栄に関する支援に全力を注いでいます。

キャロライン・ショイフレとナタリア・ヴォディアノヴァが、ハッピーハート コレクションのスペシャルエディションによる「ネイキッド・ハート・ファンデーション」へのサポートを共同宣言しました。

崇高な目的への支援に深い情熱を持つショパールは、ハッピーハート コレクションを介し、「ネイキッド・ハート・ファンデーション(Naked Heart Foundation)」への協力を発表しました。特別なケアが必要な子供たちへの慈善活動のための基金プログラムをサポートするため、メゾン初となるピンクのマザーオブパールを使用したハッピーハートのスペシャルエディションを制作し、その売上の一部は、ナタリア・ヴォディアノヴァが2004年に設立した財団へ寄付されます。

「ネイキッド・ハート・ファンデーション」は、スーパーモデルで慈善事業家でもあるナタリア・ヴォディアノヴァが、2004年に設立した国際的な児童向け慈善団体です。この基金の主要な目的は、障害のある児童や、特別なケアを必要とする人々に開かれた包括的な社会を構築するための支援を行うことで、対象となる家族への無料サポートの実施・推進を行っています。 

現在、190か所の施設で、あらゆる年齢層や能力の子供たちに対して支援を進めています。さらに、特別ケアを必要とする子供に特化した小規模なロシアのNGO団体への支援拡大や、ファミリーサポートセンターの設立、また、最新技術を利用した自閉症児童のための特別学校の教師や託児所の支援、親子のための合同サマーキャンプの開催など、幅広い活動を行っています。また、児童保護の専門家のための「Every Child Deserves a Family(すべての子供に家族を)」フォーラムを、毎年開催しており、世界各地から多くの専門家が出席しています。

Jose Carreras Leukaemia Foundation

In July 1988, one year after winning his battle against leukaemia, the world-famous tenor José Carreras set up a foundation to support research and promising scientific projects. The Foundation also helps to improve treatment opportunities and increase the number of hospital units that are equipped to perform bone marrow transplants. José Carreras and the Scheufele family are united by a longstanding friendship. In 1991, they helped to create the foundation of the Swiss based Geneva entity and then, in 1995, a unit in Munich. Since then, Mr. Karl Scheufele has become the President of the Swiss Foundation. 1996 was the launch year of the José Carreras watch collection. The first limited editions bore engravings of various opera houses around the world on the case-back. This partnership continues through sales of earmarked L.U.C XP watches.