0

ケアとシェアのフィロソフィー

社員は、私たちの成功にとって不可欠です。家族経営企業として、社員の福利を充実させ、成功を共に喜ぶことを、最も大切にしています。これらは、カール・ショイフレI世がショパールを創業して以来、私たちのブランドに深く根付き、一貫して残されてきた価値です。
私たちは、従業員定着率が年々上昇していることを誇りとしています。このような忠誠心は、優れた労働環境とショパール社員全てに伝えるよう努めているファミリー精神を明確に表しています。多様性と男女平等を重んじるとともに奨励し、社員全てが能力を発揮できる環境と機会均等を約束しています。ショパールでは、今の社内労働環境において、二つの貴重な現象が見られます。当社職人がその専門知識を自身の子どもに伝えてショパールとの家族関係を継続していること、そして勤続20年以上の社員を多く抱えていることです。
健康や安全同様、福利の行き届いた職場は、社員に良好な影響を及ぼすのみならず、チームの仕事への取組み、結合力と全体的な雰囲気において顕著な利益を生み出します。ショパールは、社員のために展開する数々の「ワーク/ライフバランス」を通じて、情緒や精神の健康、社会的つながり、積極的な姿勢その他多くのテーマに取り組んでいます。

トレーニングと能力開発

ショパールではメゾンの中心にあるのは社員であると強く認識し、養成と能力開発を最優先事項としています。テクノロジー、規制、環境、その他外部環境の要因が絶え間なく変化するため、日頃から社員の技能や能力が問われます。ショパールは事業、その他の分野における数多くの実務、管理、衛生&安全に関する研修だけでなく、時計製造・ジュエリーアトリエでの作業や様々な世代の知識共有を介して、多岐に及ぶ専門職能を学ぶ社員研修を行っています。ショパールの専門技術に関する貴重なノウハウと伝統を継承する実務教育は、知識向上の唯一の術です。

2013年12月、ショパールは新しい製造拠点フルリエ エボーシュ(Fleurier Ebauches SA)を設立しました。この工業施設は、ショパールのウォッチに搭載される機械式ムーブメントを製造しています。フルリエ エボーシュはまた、世界中で完璧なサービスを保証するため、各国から時計製造研修に参加する社員のために建てられたトレーニングセンターでもあります。

アプレンティスシップ・プログラム

ショイフレ家は常に、時計製造・ジュエリー製造の伝統を支えるとともに、次世代の技能養成にも細かな配慮を行ってきました。ブランドの価値を守り、ノウハウを伝え続けるため、ショパールは1980年に初のジュエラー養成施設をメイランに創立しました。それに引き続き、フルリエの時計製造技術学校など様々な施設が開講しました。
ショパールは高度の包括的アプレンティスシップ・プログラムを選択し、時計・ジュエリー製造の専門技能と保護に努めています。毎年、約10名が研修生として採用されています。研修生を統括する職人マスターが、4年間に及ぶ受講期間を一貫して養成します。毎年、メゾンは次の分野で約40名の研修生たちを育成しています:宝飾品、時計製造、ポリメカニクス、マイクロメカニクス、表面仕上げ。

ジュネーブ州が私たちの努力を認め、「応用美術」部門で「社員教育に関する最優秀企業賞(Best Training Company Prize)」賞を受賞しました。さらに、研修生のうち2名が最近、ジュネーブ州からジュエリー・時計製造部門で「最優秀アプレンティスシップ」賞を授与されました。
約30年に及ぶ活動を経て、私たちはこれら研修施設が正真正銘のショパールの伝統となったことを喜ばしく思います。