Valleys and wooded mountains with rays of suns reflected in a lake Valleys and wooded mountains with rays of suns reflected in a lake

ショパールの価値観とコミットメント

責任ある事業

2013年、ショパールは「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」プロジェクトを発足させました。この旅は、謙虚さや有益な影響を及ぼすための意欲的なコミットメントが動機となっています。ショパールは家族経営企業として、宝飾業界を取り囲む社会と環境を配慮し、常に人々と環境を尊重する働き方を追求し、尽力してきました。長年にわたって、こうした価値観は会社全体に明確に浸透し、この「旅」は実際のビジネスやオペレーションで具現されています。最終的なゴールはまだ遥か先ですが、様々な活動を行うことで会社や従業員、そして次世代にとって、より良い未来の実現に一歩ずつ近づくことでしょう。

特に我々の「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」は、原料を生み出す地球環境を守り、保持するためのコミットメントの中枢です。私たちはコンプライアンス、検証済みの業界スタンダート、および実践に従って、経営を行っています。

責任とは、私たちの事業活動に関する透明性と、その実践において長期的に継続した改善を保証することを意図しています。原料のサプライヤーから社員、事業展開するコミュニティといったサプライチェーン全体を通し、また製品をご購入されるお客様に至るまで、環境・社会・ビジネスポリシーが伝わることを保証します。

ショパールのサステナビリティチーム

ガバナンス

サステナビリティへのコミットメントは、ショイフレ家に伝わる確固とした価値観に基づいた包括的で統合された内部統制だからこそ実現可能であり、ゆえに、ショパール全体に倫理的かつ責任ある原則が浸透することを保証する役割を果たしています。

  • ポリシーや実践につく最終的な説明責任は、オーナーであるカール‐フリードリッヒ・ショイフレとキャロライン・ショイフレが担います。
  • ショパールは、ジュネーブに原料調達チームを集約し、サステナビリティを専門にマネージメントする人材を配置しています。

サステナビリティ・マネージャーは、シニアマネージメントチームを直に統轄し、ショパール社のサステナビリティ・ストラテジーを展開するために様々な部門と協力し、事業を進めています。責任ある事業へのコミットメントは、事業倫理や贈収賄・汚職防止に関する一連のポリシーと総合コンプライアンスマニュアルによって義務付けられています。

ショパールの従業員は、製品を作り出すアトリエのアルチザンから、その製品に関するストーリーを消費者に伝えるセールスチームに至るまで、メゾンのコーポレート・サステナビリティ・ストラテジーについて研修を受けます。「責任ある宝飾のための協議会」実践規範サーティフィケーションの一環として、この教育内容は継続的に見直しと管理がなされ、原料調達などの主要リスクのある分野に従事する従業員は追加研修を受けることが可能です。


サステナビリティへの取り組み

ストラテジー

好影響を生み出すために、事業や出資者と深く関わる分野や最大のチャンスが潜んでいる分野に着目し、そこにリソースを集中させることはショパールにとって非常に重要です。ショパールは、適切な出資者と継続的に関わりを持ち、彼らの関心や価値観を理解するとともに、より幅広くグローバルな問題に取り組んでいます。問題や課題はその時々によって変わるため、常にこのプロセスを守っています。

ショパールのサステナビリティ・ストラテジーは、現在の国際的ベストプラクティスに沿った重要性の評価に基づいています。この取り組みによって、主要リスクや機会を戦略的に捉えることができ、それに応じたプログラムやターゲットの考案と実施が可能となります。ショパールのサステナビリティに関する優先順位は、以下の4つのカテゴリーに大きく分類されます:

  • 責任ある調達
  • 環境管理
  • 従業員への投資
  • 従事と意識

Moutains covered by grass and jungle trees, with some clouds floating in the valleys. Moutains covered by grass and jungle trees, with some clouds floating in the valleys.

責任ある実践

責任ある宝飾のための協議会

2010年以来、ショパールは「責任ある宝飾のための協議会(RJC)」の一員であることを誇りとしています。2012年にRJCの実践規範スタンダードのサーティフィケーションを獲得し、それを維持することで事業がスタンダードの要求に即し、行われていることを保証することができます。このスタンダードには、人権と労働者の権利・尊重、環境保護、商品開示の尊重が含まれますが、これだけには留まりません。

「責任ある宝飾のための協議会」は宝飾品サプライチェーンのための基準となる共通プラットフォーム、そして責任ある事業活動の実施有無を第三者機関が検証する、信頼性の高いメカニズムを開発しました。RJCは、このプラットフォームを通じ、宝石のサプライチェーン全般に渡って責任ある実践を促進することで、消費者の宝飾業界への信頼を強化しています。協議会加盟企業として、ショパールは誇りをもって、このスタンダードを促進します。

ショパールのサステナビリティ

さらに見る

Caroline and Karl Friedrich Scheufele are elegantly dressed and looks proud of their travel to sustainable luxury

慈善活動

さらに見る

Aerial view of a deep green forest with huge trees

責任ある調達

さらに見る