Skip to content
0
Aerial view of a dense forest composed of big green trees Aerial view of a dense forest composed of big green trees

調達に関する実践

責任ある調達

ショパールでは、製品産地に関し可能な限り透明であることを目指し、専門の調達チームによる高品質の素材の責任ある供給を確保することに注力しています。どんな素材も、環境的・社会的に影響を及ぼすため、各素材の重要な問題が適切に対処されているかどうかを確認するよう、それぞれの素材について様々なスタンダードやサーティフィケーション、メンバーシップ要件を追求しています。

ショパールの素材は、幅広い環境・社会的基準を含めた、ショパールのパートナーのための行動規範の要求に即し調達されています。

責任ある調達

100% エシカルゴールド

ショパールは、全ウォッチとジュエリーコレクションに使うゴールドを責任をもって調達し、産業界のリーダーシップ実践に取り組んでいます。確たる証拠として、ショパールでは100%エシカルゴールドを調達することを宣言しています。つまり、購入する純金は、国際的なベストプラクティスを準拠し、環境や社会的スタンダードに適合することが認められている供給源から100%調達していることを示しています。 このコミットメントは、直近の2019年RJC サーティフィケーション監査において、監査官によって産地に関する要求事項に認定されました。 2018年7月より、ショパールのエシカルゴールドは、トレーサビリティが明確な2つのルートのうち、いずれかのルートから責任ある方法で調達されています:


  1. スイス・ベター・ゴールド・アソシエーション(SBGA)のフェアマインド&フェアトレード構想に参画する小規模鉱山採掘者によって採掘されたゴールド。
    フェアマインド基準は小規模鉱山採掘者に対し、採掘過程において労働環境(児童労働禁止を含む)、社会発展そして環境保護に対する厳格な要求事項が維持されていることを実証するように求めています。ショパールは多数の小規模鉱山採掘者がフェアマインド認証取得のため、直接的な責任を担ってきました。その認証取得を目的として、採掘者たちに研修、新しい加工施設、そして社会・環境的支援を提供します。2017年、ショパールはフェアマインドゴールドの調達において最大規模のバイヤーとなり、以来、85%以上のフェアマインドゴールドを購入しています。

    ショパールは小規模鉱山採掘者たちの生活向上を目指す率先活動に寄与し、責任あるゴールドの採掘量を増やすために、2017年にスイス・ベター・ゴールド・アソシエーションに参画しました。鉱物調達が武力勢力の資金源をなることを避ける、OECDの「紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュ-・ディリジェンス・ガイダンス」のような、多数の国際的イニシアチブ遂行を支援しています。 

  2. 「責任ある宝飾のための協議会(RJC)」認証精製所とのパートナーシップによる「責任あるジュエリー協議会による流通加工管理」。
    ショパールは「責任ある宝飾のための協議会」メンバーであることを誇りに思っています。「責任ある宝飾のための協議会」は、宝飾におけるサプライチェーン全体で責任ある活動を推進することにより、宝飾業界に対する消費者の信頼を高めることを目的として設立された業界基準設定組織です。「責任ある宝飾のための協議会」は宝飾品サプライチェーンのための基準となる共通プラットフォーム、そして責任ある事業活動の実施の有無を第三者機関が検証する、信頼性の高いメカニズムを開発しました。ショパールは、責任ある宝飾のための協議会で定められた基本原則、および行動規範に則った事業展開に取り組んでいます。

    RJCのCOC(加工・流通管理)スタンダードは鉱山から販売に至るまで、サプライチェーン全体を評価するイニシアチブであり、人権、労働者の権利、環境への影響、製品についての開示など、主要な問題を扱っています。このスタンダードは、企業にOECDの「紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」を活かした、紛争に敏感なソーシング活動のためのポリシーおよびリスクマネージメントの枠組みを持つことを追求します。またこのスタンダードは、COCから調達される素材とその隔離と運搬の適格性を確認するための要件も定めています。

    ショパールでは、閉ループ方式に基づいた事業モデルを通して、ゴールドのサプライチェーンの完全なるトレーサビリティを確保し、ゆえに消費者の手に渡る前のゴールドスクラップ、すなわち「生産廃棄物」の70%をリサイクルすることが可能です。

Hundreds of responsibly-sourced gold nibs in two coppery scoops, with two gold bars inbetween them. Hundreds of responsibly-sourced gold nibs in two coppery scoops, with two gold bars inbetween them.
Amazing diamond between the tips of a tweezers

責任ある調達

ダイヤモンド

ショパールは、キンバリープロセス保証システムを遵守し、産業サプライチェーンから紛争ダイヤモンドを排除しています。全てのダイヤモンドサプライヤーに対し、疑わしいあるいは不詳原産地からのダイヤモンドや、キンバリープロセス認定法を遵守しない国・地域からのダイヤモンドなど、紛争ダイヤモンド売買を慎む自主規制の導入を求めています。この認定法に適合しない原石は自動的に拒否され、サプライヤーに返却されます。

「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」の一環として、ショパールは「エコエイジ」、信頼のおけるパートナー「ルカラ」社、そしてボツワナのカロウェ鉱山と協力し、ダイヤモンド採掘の国際的ベストプラクティスにおける基準を構築しました。ショパールはカロウェ鉱山産のダイヤモンドを用いた「ガーデン・オブ・カラハリ」 コレクションを発表し、原材料採掘・調達におけるベストプラクティスに関するショパールのコミットメントの影響力を実証し、産業界と世界の最辺境地域にある地元コミュニティ支援強化でリーダーシップを担っています。

Necklace (with flowers patterns and a green emerald) resting on a big banana leaf.

責任ある調達

カラージェムストーン

ショパールは、コレクションの総体的なサステナビリティパフォーマンス増強を追求し、要となる素材、そして調達パートナーの開発に絶え間なく取り組んでいます。

2016年、メゾンは業界パイオニアにふさわしいイニチアチブを発揮し、「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」に新たなマイルストーンを刻みました。ショパールはこの「旅」の新たな始まりを祝し、カラージェムストーンの世界最大サプライヤーであるジェムフィールズ社と単独パートナーシップを展開し、責任ある調達によるエメラルドを特長とした「グリーン カーペット ハイジュエリー」カプセルコレクションを発表しました。鉱山資源採掘におけるエキスパートでありショパールの「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」のパートナーを務める「エコエイジ」は、「GCC(グリーン・カーペット・チャレンジ)」に照らして、採掘地及び実施母体を認定しました。

信頼のおけるサプライヤーと協力することで、ショパールはカラージェムストーン採掘におけるベストプラクティスの模範を示し、産業アライアンス強化のリーダーシップを担い、これらの極めて希少な原材料が採掘される最辺境地域のコミュニティ支援を続けています。

「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」におけるゴールのひとつは、ゴールド、エメラルド、オパール、その他の調達を含む持続可能なサプライチェーンを築くことです。その一環として、責任ある調達によるストーン供給を保証するため、サプライチェーンに対し常に注意を払っています。ショパールはこの観点から、ビルマで悪化し続けるロヒンギャ族の悲惨な状況を鑑み、速効性ある対策として、ビルマ産ジェムストーン調達の終了を決定しました。

Watch made out of diamonds shaped like a palm, with light blue needles and a black leather strap, resting over a big fern.

サプライチェーンの管理

パートナーのための行動規範

ショパールはサプライヤーとともに、サプライチェーンの監視や生産能力造成を通じ、サプライチェーンにおけるサステナビリティパフォーマンスを向上させるよう注力しています。また、パートナーのための行動規範も作成し、パートナーがこの規範に準拠することを期待しています。

パートナーのための行動規範は、すべてのサプライヤーとサプライヤーの下請け業者に対して、人権、労働慣行、環境保護に関するスタンダードを含めた期待を提示しています。この行動規範は、全ダウンストリームパートナーからの責任ある事業活動に関する期待概要を説明しており、ショパールは全ビジネスパートナーにこのポリシーを守ることを求めています。この規範を実施することで、世界中でサプライヤーが社会・環境的スタンダードを確実に実施しているかどうかを確認することができます。

ショパールの責任ある調達マネージメントシステムの枠組みにおいて、全サプライヤーは継続的に自らの社会的活動、環境のための活動、そしてショパールの行動規範原則を評価することを確認します。ショパールでは、必要に応じ、また制度上で要求された場合、サプライヤーの改善状況について定期的な追跡調査を実施しています。

サプライチェーンにおける従事

サプライヤーの生産能力造成

ウォッチおよびジュエリーサプライチェーンにおける活動改善のため、またサプライヤーのより責任ある活動を促進するために、ショパールは以下のような数多くの組織や提携を通じ、サプライヤーと協力しています。

公正な採掘のための連盟(ARM)

「公正な採掘のための連盟(ARM) 」は独立した国際NGO 団体で、世界中の「小規模採掘業者(ASM)」コミュニティの公正さと社会福祉を唱道しています。これらコミュニティは採掘労働者の80%、ゴールド産出量は世界全体の20%を占めています。このパートナーシップの過程において、ショパールは発展途上国におけるゴールド採掘者たちの劣悪な環境に対する消費者の意識を高め、彼らの状況をどのように改善できるかを実証しています。採掘組織とそのコミュニティの公認化において、ARMと共に投資することで、ショパールは社会の片隅に追いやられ忘れ去られたコミュニティに希望を与え、正当かつ尊厳ある生活を取り戻す支援を行っています。このイニシアチブに関しての更なる詳細は、資源のセクションをぜひご覧ください。

ルカラ

「ガーデン・オブ・カラハリ」コレクションのためにルカラのカロウェ鉱山と協力関係にあるショパールは、国際的ベストプラクティスの環境・社会的スタンダードに対する評価を行うため、エコエイジからチームを派遣しました。この詳細調査プロセスは、私たちが信頼できる責任あるパートナーと仕事をしていることを確信するとともに、改善の可能性を見出すため、ルカラに現状のプロセスの現状評価を行うものでした。以来、ルカラは「責任ある宝飾のための協議会」実践規範の認証を有しています。

ジェムフィールズ

ザンビアにあるジェムフィールズのカゲム・エメラルド鉱山と仕事をする中で、ここでもエコエイジと提携し、ジェムフィールズの協力のもと、採掘場の現場評価を実施しました。信頼できるサプライヤーとの対話により、ジェムフィールズとともに、採掘業から見たカラージェムストーン業界におけるベストプラクティスの環境・社会的マネージメントを探求することが可能となりました。

 Valleys and wooded mountain with sun rays reflecting in a lake

責任ある事業

さらに見る

 View of the interior of a dense forest

環境管理

さらに見る