view of a misty valley view of a misty valley

責任ある調達プログラム

パートナー行動規範

ショパールの「責任ある調達プログラム」とは、サプライヤーの能力開発をモニターし、実施することで、サプライチェーンにおけるサステナビリティのベストプラクティス実現を目指すものです。

サプライチェーンが複雑な業界では、リスクのある分野をボトムアップで検討し、リスクマッピング、プロセス、手順を含めて責任ある独自の調達戦略を策定することで、リスクを軽減する必要があります。この方針によって、ショパールは特定の指標に対するサプライチェーンのパフォーマンスを測定し、システムと調達戦略の継続的な改善を可能としています。

ショパールでは、「責任ある調達プログラム」の責任者であるサステナビリティ・マネージャーが、調達方針の策定と実施を主導するだけでなく、プロセスの各段階で購買チームと協力しつつ仕事を進めています。

ショパールの「責任ある調達プログラム」の枠組みの中で、「パートナー行動規範」は、世界中のすべてのサプライヤーとサブサプライヤーに、優れたコーポレートガバナンス、人権、労働慣行、環境保護などの基準を網羅した、具体的な責任を課しています。「パートナー行動規範」とは、すべてのパートナーに対して、弊社が求める責任あるビジネス慣行の概要を説明したものであり、ショパールはあらゆるビジネス・パートナーにこの方針の遵守を求めています。

shema explaining suppliers engagement

責任ある調達プログラム

デューデリジェンスプロセス

ショパールの「責任ある調達プログラム」では、「パートナー行動規範」の遵守をサプライヤーに義務付けるほか、主要製品カテゴリーと原材料(貴金属、貴石、スティール、レザー)に対する、リスクベースのデューデリジェンスアプローチを5段階に分けて実施しています。 

新しい小規模鉱山採掘者のバリューチェーン、グリーンカーペット コレクションや特別なコレクションのための新しい宝石の調達といったそれぞれの調達プロジェクトごとに、ショパールはサプライヤーとの間で厳格なデューデリジェンスを行うほか、サプライヤー独自のデューデリジェンスプロセスを検証し、精製所といった現場でのレビューを実施しています。 

ショパールの「責任ある調達プログラム」のデューデリジェンスプロセスは、「OECD紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」、「RJC COP2019」、「ビジネスと人権に関する国連指導原則」、「持続可能な調達に関するガイダンスの利用方法(ISO20400:2017)」に準拠して実施されています。

close-up on a watch LUC

責任ある調達プログラム

継続的改善

ショパールは「サステイナブル・ラグジュアリーへの旅」の継続的改善に努めています。そのために特定の指標を定期的に測定することで、調達慣行の成果と「責任ある調達プログラム」の有効性をモニタリングしています。

その結果に基づき、継続的な改善活動を実施し、調達方針、パートナー行動規範、サステナビリティと人権リスクマッピング、それに関連する手順で構成される、責任ある調達プロトコルを定期的に改訂しています。 

主要なパフォーマンス指標(KPI)に加えて、ショパールのデューデリジェンスプロセスは、独立した第三者監査法人によって3年ごとに評価されています。

ショパールのサステナビリティ

ショパールのコミットメントについて詳しく知る

1/4