0

サプライチェーンと

ショパールの製品に用いられる原材料は、当社専属調達チームによって世界各国から供給されます。サプライヤーとの長期的なパートナーシップを大切にし、サプライチェーンの持続可能な基準を高めるために共に活動しています。
私たちは、人権、労働そして環境保護に関する基準から着想した、パートナーのための行動規範を採用しました。この規範は、サプライチェーンの末端にいる人々までを含めた責任あるビジネス規範について、ショパールの想いを忠実に表しています。ショパールは、全てのビジネスパートナーに、この規律遵守を依頼しています。このプログラムによって、サプライヤーが世界中の至るところで、人権や労働、環境保護に関する基準を尊重することが保証されます。

ダイヤモンド

ショパールは、キンバリープロセス保証システムを遵守し、産業サプライチェーンから紛争ダイヤモンドを排除しています。全てのダイヤモンド供給者に対し、疑わしいあるいは不詳原産地からのダイヤモンドや、キンバリープロセス認定法を遵守しない国・地域からのダイヤモンドなど、紛争ダイヤモンド売買を慎む自主規制の導入を求めています。この認定法に適合しない原石は、自動的に拒否され、サプライヤーに返却されます。
「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」の一環として、ショパールは「エコエイジ」、信頼のおけるパートナー「ルカラ」社、そしてボツワナのカロウェ鉱山と協力し、ダイヤモンド採掘の国際的ベストプラクティスにおける基準を構築しました。ショパールはカロウェ鉱山産のダイヤモンドを用いた「ガーデン・オブ・カラハリ」 コレクションを発表し、原材料採掘・調達におけるベストプラクティスに関するショパールのコミットメントの影響力を実証し、産業界と世界の最辺境地域にある地元コミュニティ支援強化でリーダーシップを担っています。

カラージェムストーン

ショパールは、コレクションの総体的なサステナビリティパフォーマンス増強を追求し、要となる素材、そして調達パートナーの開発に常に取り組んでいます。
こうした点で、2015年のグリーン カーペット コレクションで採用されたブラックオパールを取り上げることを嬉しく思います。このブラックオパールは、オーストラリアの定評ある家族経営採掘事業者から調達しています。オーストラリア内陸部の人口希薄地帯にある、オーロラジェムス(Aurora Gems)オパール鉱山。オーナーたちは、オパール事業に人生を捧げ、採掘から研磨までの工程、そして仕上げた石の販売に至るまで一貫して管理しています。下請けには一切頼らず、彼らのオパールは、原産地までのトレーサビリティが100%明確です。
2016年、ショパールは業界のパイオニアとなるイニチアチブを発揮して、「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」に新たなマイルストーンを刻みました。ショパールはこの旅の新たな始まりを祝して、カラージェムストーンの世界最大サプライヤーであるジェムフィールズ社と単独パートナーシップを展開し、責任ある調達によるエメラルドを特長としたグリーン カーペット ハイジュエリー カプセル コレクションを発表しました。鉱山資源採掘におけるエキスパートでありショパールの「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」のパートナーを務める「エコエイジ」は、「GCC、持続可能な卓越性の原則」に照らして、採掘地および実施母体を認定しました。
信頼のおけるサプライヤーと協力することにより、ショパールはカラージェムストーン採掘におけるベストプラクティスの模範を示し、産業アライアンス強化のリーダーシップを担い、これらの極めて希少な原材料が採掘される最辺境地域のコミュニティ支援を続けています。
「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」の目標のひとつは、ゴールド、エメラルド、オパールその他の調達を含む持続可能なサプライチェーンを築くことです。「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」の一環として、責任ある調達によるストーン供給を保証するため、サプライチェーンに絶え間なく注意を払っています。ショパールはこの観点から、そしてビルマにおいて悪化を続けるロヒンギャ族の悲惨な状況を鑑み、速効性のある対策として、ビルマ産ジェムストーン調達終了を決定しました。エシカルな調達の最高水準に対するコミットメントを厳格に守り、私たちの原則が現在、そして将来において損なわれることのないようビルマの状況監視を続けています。

スティール

ショパールのスティールは最も優れた審美的基準に合致し、極めて頑丈であり、業界の法的要求事項を満たしています。さらにショパールは独自のユニークな生物的適合性を備えた合金を開発し、アレルギーのリスクを軽減しました。

レザーストラップ

2012年、ショパールはPSA(スイス動物愛護)宣言に署名し、エキゾチックレザーの使用を放棄しました。
メゾンは、ワシントン条約(CITES)に批准した認証ファームで生産されるアリゲーターレザーのみを調達します。捕獲繁殖プログラムが持続可能な方法で組織され、動物愛護基準が支持されることを確実にするためです。

Anti-Modern Slavery Statement

ショパールは人権や労働、環境保護に関する主な基準から構想された行動の規範を、パートナーの方々に対して採用しています。この規範は、サプライチェーンの下流にいる人々までを含めた責任あるビジネス規範について、ショパールの想いを忠実に表しています。ショパールは、ビジネスパートナーの方々全員に、この規律の遵守をお願いしています。このプログラムによって、サプライヤーが世界中の至るところで、彼らが人権や労働、環境保護に関する基準を尊重することが保証されます。
英国法「Modern Slavery Act」についてもっと知る