クイーン・オブ・カラハリ

ストーリー

クイーン・オブ・カラハリ

ストーリー

絶対的な存在感を放つ貴石

それは砂漠の真中に現れたこの上なく美しい一輪の花の物語。砂埃の舞う乾いた土、それでいて肥沃な大地に、ひとつの至宝が生まれます。それは心をも揺るがすほどに魅力的なひとつの貴石の物語。純粋できらきらと輝くその石の中央では、自然の与える恩恵の美が絶えずその鼓動を響かせます。それはダイヤモンドの最高峰、クイーン・オブ・カラハリの物語。この完璧なまでの色とクラリティを誇る342カラットの貴石から、23石のダイヤモンドが生みだされました。動画を見る

至宝の発見

342カラットという数値が、絶対的な純度と完璧なまでのカラー等級を持ったダイヤモンドに対して極めて稀な大きさであることを証明しています。クイーン・オブ・カラハリは、カラー等級は最高のD、クラリティ(透明度)ではF(フローレス)といういずれの最高値が認定されています。ショパールのハイジュエリーアトリエの職人たちに託され、その卓越した専門技術の魔法にかかったこの342カラットのダイヤモンドは、23石のダイヤモンドが織りなす驚異的なアンサンブル「ガーデン・オブ・カラハリ」として美しい運命を宿しました。これら23石のダイヤモンドのうち、5石は20カラットを超える大粒のもので、それぞれクッションカット、ブリリアントカット、ハートシェイプ、エメラルドカット、ペアシェイプという主要なカットが施されています。

カラハリの庭園から誕生した6ピースのジュエリー

キャロラインは、この5石の大粒ダイヤモンドを中心に、詩的でかつ隠喩的な調和を作り出し、それを大胆に紡ぎ合わせました。彼女の指揮のもと、燦然と輝く50カラットのブリリアントカットダイヤモンドはヒマワリとなり、26カラットのハートシェイプダイヤモンドは可憐なパンジーに、そして25カラットのペアシェイプダイヤモンドは壮麗なバナナの木の花へと姿を変えました。さらに、20カラットの見事なクッションカットダイヤモンドは煌めきを放つポピーの花に、21カラットのエメラルドカットダイヤモンドは睡蓮の傍らで水面を漂います。さまざまなシェイプと色彩が呼応して、華やかな景色の中で詩と光と輝きがひとつのルールのもとに集められた美しい庭園で絡み合います。類稀な貴石を軸に、6点のハイジュエリーで構成される壮麗なジュエリーコレクションが生み出されました。この作品はメゾンのアトリエで培われた職人たちの豊かなクリエイティビティと比類ないノウハウの証です。1年以上の歳月をかけ、遂に完成したのです。手腕とセンスに長けたショパールのジュエリー職人たちの情熱に駆られた作業が何千時間も費やされました。「ガーデン・オブ・カラハリ」コレクションの全てのピースには、透かしから光をちらちらと反射させるギピュールのような刺繍仕立てのジュエリー細工が見られます。

大胆な創造性

「このストーンは確かに極めて稀なダイヤモンドですが、私たちはそれをただの記念物のように扱うのではなく、その価値にふさわしい運命を与えたいと考えました。」とキャロライン・ショイフレはストーンの価値について語っています。 「ガーデン・オブ・カラハリ」は、プロジェクトコンセプトに関わった職人たちの素晴らしい技能を証明するコレクションであり、また、キャロライン・ショイフレの庇護の下で、新たなジュエリーの開発に不可欠であった非凡な才能を具現化したものといえるでしょう。「壮大なこのプロジェクトにショパールのアトリエは一丸となって取り組んできました。多彩な職人技術の結集が相乗効果を発揮し、プロジェクトをさらに強固なものに仕上げることができました」。